「NBC交響楽団」の版間の差分

m
外部リンクの修正 http:// -> https:// (web.archive.org) (Botによる編集)
m (→‎シンフォニー・オブ・ジ・エア: replaced: 音楽修行 → 音楽修業 using AWB)
m (外部リンクの修正 http:// -> https:// (web.archive.org) (Botによる編集))
楽団の性質上、RCAで録音活動をしている指揮者が多い(上記のように、バーンスタインも出演時はRCA所属)。また、アメリカの地方オーケストラのトップを務める指揮者、及び世界的には馴染みが薄く、「無名指揮者列伝」の類に掲載されるような指揮者などが多数出演している一方、バーンスタインやマゼール、ドラティ、ミュンシュなど巨匠(後に巨匠になった人も含める)も出演している。ブラック、ケイティムス、ミラー、ヘンドル、ブリフ、ギリス、アドラーはNBC交響楽団の楽員及び関係者で、後に指揮者に転向した者もいる。来日した指揮者も多い。
 
なお、1937年頃[[近衛秀麿]]が副指揮者あるいは顧問としてNBC交響楽団に関与していたという情報があり<ref>{{Cite web |url =httphttps://web.archive.org/web/20130731062214/http://bookclub.kodansha.co.jp/magazines/hon/0606/index02.html |title =指揮者・近衛秀麿の肖像 |publisher =bookclub.kodansha.co.jp |date = |accessdate =2018-12-15 }}</ref>、その頃録音されたとするヨハン・シュトラウスの「こうもり」のワルツも存在する<ref>{{Cite web |url =https://tower.jp/item/246041/%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E8%BF%91%E8%A1%9B%E7%A7%80%E9%BA%BF%EF%BC%A0%E8%BF%91%E8%A1%9B%E7%A7%80%E9%BA%BB%E5%91%82%EF%BC%8F%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%8E-%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%A9%E5%BA%A7%EF%BD%8F%EF%BC%8E%EF%BC%8C%EF%BC%AE%EF%BC%A2%EF%BC%A3%EF%BD%93%EF%BD%8F%EF%BC%8E%EF%BC%8C%E6%96%B0%EF%BD%93%EF%BD%8F%EF%BC%8E%EF%BC%8C%EF%BC%A2%EF%BC%B0%EF%BC%AF |title =世界の近衛秀麿@近衛秀麻呂/ミラノ スカラ座o.,NBCso.,新so.,BPO |publisher =tower.jp |date = |accessdate =2018-12-15 }}</ref>。同じく顧問的立場だったストコフスキーとともに米国内の演奏旅行を計画していたとも言われる{{enlink|Hidemaro_Konoye|a=on}}(ただし、モーティマー・フランクやハーヴェイ・サックスの著作では確認できない)。
 
== 脚注 ==