「セリム3世」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
==生涯==
 
セリム3世は1761年にうまれた。オスマン王家には、長らく30年以上も男子が誕生してこなかったため、その誕生は盛大に祝われた。セリムの誕生日は木星と金星が重なる吉兆に当たるとされたため、「天運の主」であると予言された。天運の主はかつてスレイマン1世らに与えられた称号である。セリムは英才教育をうけ、父ムスタファ3世が外国の大使を出迎える時には、幼いセリムをともなった。のちに叔父のアブデュル・ハミトが即位したあとも、当初は親切に振る舞われていた。
 
事態が変わったのは、1785年で、アブデュル・ハミトを廃してセリムを即位させようとした計画が発覚した。この事件のちセリムへの監視は厳しくなり、窓を閉鎖されるという仕打ちを受けた。さらにはセリムへの暗殺を命じられたられたという女奴隷が送り込まれたという真偽不明の逸話もある。結局女奴隷はセリムに愛情を抱き暗殺できなかったという。
 
===即位===
1789年、叔父に当たる第27代皇帝・[[アブデュルハミト1世]]が死去したため、その跡を継いで皇帝として即位する。
 
内政においては西洋文明を取り入れることでの近代化を目指し、多くの成果を挙げた。しかし[[ロシア帝国]]([[ロマノフ朝]])との戦いに敗れて[[1792年]]、[[ヤッシーの講和]]を締結することで和睦したが、その代償として[[クリミア]]と[[グルジア]]における領土を割譲せざるを得なくなった。[[1796年]]、[[フランス]]の[[ナポレオン・ボナパルト|ナポレオン]]が[[エジプト・シリア戦役|エジプト遠征]]を開始すると、[[イギリス]]やロシアと対仏同盟を結んで戦うが、[[1806年]]にロシアと再び戦争を開始した。{{独自研究範囲|date=2012年7月|ロシアとの蜜月は結局、ナポレオンという脅威があって結ばれたものであって、領土をめぐって争う両国との間で完全な和睦が成立するわけが無かったのである。}}
 
セリムは満を持して改革に乗り出す。まずセリムは、臣下及び外国の識者に、帝国をいかにして改革するべきかの意見書の提出を求めた。上奏された多くは、スレイマン1世時代への回帰を主張する復古的な物が多かったが中にはロシアを模範にした軍事改革やティマール地の接収や貨幣鋳造など後の帝国の近代改革を先取りした意見もあった。
 
そして1807年、[[イェニチェリ]]を廃して西洋式の軍制である「[[ニザーム・ジェディード]]」を創設しようとしたため、イェニチェリの反乱によりセリム3世は廃位されてしまい、従弟の[[ムスタファ4世]]が即位した。
匿名利用者