「タオカス族」の版間の差分

編集の要約なし
[[File:Formosan Distribution en.png|thumb|250px|台湾の民族分布。タオカス族は北西部の海岸地帯]]
 
'''タオカス族'''は[[台湾先住民]]に属する民族である。[[平埔族]]に分類される。漢字で'''道卡斯族'''、'''斗葛族'''、'''大甲族'''と表記される。[[台湾]]の[[桃園市]]、[[新竹県]]、[[苗栗県]]、[[台中市]]に分布している。かつては[[台湾諸語]]の[[タオカス語]]を話していた。[[1732年]]まで存在した[[大肚王国]]の構成民族。
 
大陸系がどんどん台湾に移住してきたので、生存や環境や戦などの圧迫で、1814年に郭百年事件が起き、サオ族はブローカーとして台湾西部平野在住の[[平埔族]]系を応募し、南投県の埔里盆地に入って再開拓していた。一部の'''オカス族'''もこのため、埔里で房裡社(Waraoral、紅瓦厝、今の南投県埔里鎮房里里)などの集落を建ててきた。
 
現在、[[苗栗県]]後龍鎮新民里や南投県埔里鎮房里里に在住の'''タオカス族'''は、母語や伝統的な祭りをまだ守っている。
 
 
'''祭礼・伝統行事'''
 
新港社/東社、西社(今の[[苗栗県]]後龍鎮新民里)で開催
 
patay:祖霊祭である。男性しかお参りできなく、関係者以外の方と女性の立ち入り禁止。鹿肉、お酒、魚、おこわ、豚肉をお供えする。母語でご先祖に祈る。
 
牽田祭(牽奠祭):旧暦八月15日、十五夜の前後に行う。当日の午前、マラソンみたいな成年式「Mata」を始め、参加者は頑張って走り、大潭という祖霊がいる淵/池で一旦集めて、正座で祖霊に拝んで伝え、供え物を水に投げてから、また走って戻る。優勝者は鹿の角で飾られた鉢卷き/帽子をもらえる。
 
夕べに「扮番」という男性は蓑を着て、笠をかぶっている、銅鑼を打ち鳴らしながら、町内を巡って、祭りが開催することを知らせる。
 
牽田祭が行う前にも非公開にpatayを行う。
 
夜にいよいよ「舉大旗」を開き、「issama」と呼ばれる男性3名は旗を立て挿しているままに、布で体に縛り付けて、背負って、助手が側に丁寧に助け、祭りの広場に入る。
 
旗竿は、3本の高さが約6~7メートル、竹で作っておき、白布の旗が風に吹かれ、はためいており、ご先祖を迎えるように、立て揚げる。倒れれば、大凶や縁起が悪いで、祭りが行っているところに、ちゃんと守らなければ、いかない。
 
タオかス族は老若男女問わず、広場でお互いに手を繋がり、足を踏み、輪になって、祀る歌を唄っている。その時、旗を背負っている男性3名は踊りの輪に囲まれ、扮番が打ってる銅鑼が鳴ってるテンポによって、輪に沿って、踏んで歩いている。
 
祀る歌は3曲があり、「牽大田(旗頭)」はご先祖に捧げ、厳かで、悲しそうである。一方、「牽小田」と「旗尾」はご先祖をお見送りなので、雰囲気が楽しそうである。
 
 
房裡社(今の南投県埔里鎮房里)で開催
 
Emalo祖霊祭
 
== 脚注 ==
290

回編集