「阿部正蔵」の版間の差分

{{出典の明記}}
({{出典の明記}})
 
{{出典の明記|date=2020年9月}}'''阿部 正蔵'''(あべ しょうぞう、? - [[嘉永]]元年[[9月4日 (旧暦)|9月4日]]([[1848年]][[9月30日]]))は、[[江戸時代]]後期の[[旗本]]で、[[江戸町奉行|江戸北町奉行]]。[[白河藩]][[阿部氏 (徳川譜代)|阿部家]]の分家で石高は3000石。官位は従五位下・遠江守。[[阿部正良]]の子。
 
[[天保]]12年([[1841年]])6月24日に[[天保の改革]]時の[[大坂町奉行|大坂西町奉行]]となった。近年物価が騰貴した原因は、[[株仲間|株仲間解散令]]による大坂への物資廻送量の減に起因するとし、問屋商人を通した流通統制強化の提言を行った。[[天保]]14年([[1843年]])2月24日に江戸北町奉行となり、同年10月1日に[[小姓組]]番頭に転じた。
 
== 参考文献 ==
{{参照方法|date=2020年9月|section=1}}
*『幕末維新人名事典』(宮崎十三八・安岡昭男編 新人物往来社)
*『大阪市史』 第2巻