「孔子祛」の版間の差分

m
Bot作業依頼: 涿汶涪戢愷异彧などを含む記事の改名に伴うリンク修正依頼 (朱异) - log
編集の要約なし
m (Bot作業依頼: 涿汶涪戢愷异彧などを含む記事の改名に伴うリンク修正依頼 (朱异) - log)
はじめ長沙嗣王[[蕭淵業]]の下で侍郎となり、国子助教を兼ねた。『[[尚書]]』を40回講義して、聴講する者は100人を数えた。中書舎人の[[賀チン|賀琛]]が『梁官』を編纂するよう[[蕭衍|武帝]]の命を受けると、子祛は西省学士とされて、その編纂を助けた。書が完成すると、子祛は司文侍郎を兼ねるよう命じられたが、就任しなかった。
 
長らくを経て、学士のまま主客郎・舎人を兼ねた。湘東王[[元帝 (南朝梁)|蕭繹]]の下で湘東国侍郎をつとめ、常侍や員外散騎侍郎を歴任した。さらに廬江公の下で雲麾記室参軍をつとめ、兼中書通事舎人に転じた。ほどなく舎人のまま歩兵校尉となった。武帝が『五経講疏』と『孔子正言』を編纂するにあたって、子祛に群書を調べさせ、解釈を証明させた。編纂事業を終えると、子祛は武帝の命により[[朱イ|朱异]]や賀琛とともに士林館で毎日経典を講義した。諸官を歴任して、舎人のまま通直正員郎となった。
 
[[546年]]([[中大同]]元年)、在官のまま死去した。享年は51。著書として『尚書義』20巻や『集注尚書』30巻があったほか、朱异の『集注周易』や[[何承天]]の『集礼論』を続作した。
557,757

回編集