「千葉駅」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎千葉都市モノレール: 出典アーカイブを追加。)
{{main|千葉市}}
[[ファイル:Chiba Station in Taisho era.JPG|thumb|[[大正]]期の千葉駅]]
[[1963年]]([[昭和]]38年)に移転するまでは、800[[メートル|m]]ほど[[東千葉駅]]成田方面寄りの[[千葉市民会館]]周辺({{ウィキ座標|35|36|56|N|140|7|12|E|region:JP-12_type:railwaystation|地図|name=Old Chiba stastion}}<!--移転以前の旧・千葉駅-->)にあり、佐倉・銚子方面から[[船橋駅|船橋]]・東京方面と[[蘇我駅]]・[[安房鴨川駅]]方面の二またに分かれていた<ref group="新聞" name="news20161206">{{Cite web|url=https://style.nikkei.com/article/DGXKZO10306880V01C16A2L83000/|title=「東京駅方面」だらけ 千葉駅が分かりにくい事情|date=2016-12-06|publisher=日経BP社|work=NIKKEI STYLE|accessdate=2020-06-30|archivedate=2019-05-02|archiveurl=https://web.archive.org/web/20190502141958/https://style.nikkei.com/article/DGXKZO10306880V01C16A2L83000/}}</ref>。そのため船橋・東京方面と蘇我・安房鴨川方面を結ぶ直通列車は、当駅で[[スイッチバック]]する形となっていた<ref group="新聞" name="news20161206"/><ref group="注釈">臨時列車などで稀に設定される佐倉・銚子方面と蘇我・安房鴨川方面とを直通する列車は、西千葉駅西方にある[[黒砂信号場]]でスイッチバックを行う。</ref>。
 
現在地に移転後は船橋・東京方面から蘇我・安房鴨川方面と佐倉・銚子方面の二またに分かれる線形に改良された。駅全体がV字状になっているのはそのためである。千葉近隣の駅では[[大網駅]]も同様の変遷をたどっている。駅前広場も当時は非常に狭く、[[路線バス|バス路線]]の大半は駅より離れた「要町」での発着となっていた。栄町は当時の千葉駅前から[[千葉県庁]]へのメインストリートに当たり、[[繁華街]]であった。[[千葉市民会館]]の近くに、旧駅の石碑が残っている。また、移転後の[[1965年]](昭和40年)には旧駅よりもやや成田寄りに[[東千葉駅]]が新設されている。
 
=== 年表 ===
匿名利用者