「長艸敏明」の版間の差分

m
(事実と異なる部分を削除)
タグ: ビジュアルエディター モバイル編集 モバイルウェブ編集
'''長艸 敏明'''(ながくさ としあき、[[1948年]] - )は[[刺]]作家・着物[[デザイナー]]・京[[伝統工芸士]]。[[京都]][[西陣]]生まれ。
 
[[京刺]]職人であった父・長艸芳之助の次男として、[[立命館大学]][[経営学部]]を経て、[[日本刺]]・[[京]]の世界へ。以後、世界を舞台に幅広い分野で活躍。京・日本刺の幽玄の美を世界に伝えるとともに、多くのデザイナーに影響を与えている。
 
40代で一職人としてではなく、刺作家としての着物のオートクチュール事業を起こし、旧態依然とした呉服業界の流通システムに一石を投じた。
直接、依頼者と作り手が話し合いながら依頼者に合わせた着物を制作するという、現在では多く見られるスタイルは、当時の呉服問屋業界からは異端視され、制作者から消費者にわたるまでに5倍や10倍になる呉服業界では危険視された。
その影響で仕事が全く依頼されない時期があったが、その頃に多くの作品を生み出し、現在の代表作となっている。のちに本人は、顔が見えるお客様に適正な価格で良いものを手にしていただきたかっただけと語っているが、そのスタイルは現在も引き継がれている。直接依頼していただくことを望んでいるため、流通している商品はごく僅かである。
1994年能衣装・小袖展([[パリ]]・バガテル城、パリ市後援)で、欧州のデザイナー・芸術家・マスメディアから高い評価を受けたことで、皮肉にも日本国内で知られることになる。また、[[ディオール|クリスチャン・ディオール]]の主任デザイナーとしても知られる[[ジョン・ガリアーノ]]のディオール復帰コレクションの際に記者会見で「長艸敏明に影響を受けた」と発言し、国内外で話題となった。のちに来日し長艸敏明の工房を訪ねている。同時期にピエールカルダンにも賞賛されている。
 
近年では京都祇園祭の占出山、北観音山などの復元新調を手掛け、日本中の祭に用いられている文化財の刺分野における修復、復元、新調依頼を受けている。
 
[[能装束]]などの舞台衣装や歴史的文化財の修復など、伝統文化とその技術を継承し保存する立場を厳しく貫く一方、欧州のコレクションへの協力や[[タペストリー]]、ドレス、時計などの刺作品・商品の制作は、分野を限定せず、卓越した芸術感覚と技術力によって京刺の魅力を発揮させてきた。
 
日本の皇室とも関わりが深く、皇室デザイナーであった植田いつこ氏より依頼を受け、美智子皇后陛下(当時)のドレスの刺など皇室の刺を何度も手掛けているが、長艸敏明の意向であまり公にはされていない。
 
2017年から京都刺協同組合の理事長に就任。
2019年に「京の名工」に選ばれている。
 
1994年  能衣装・小袖展(フランス パリ・バガテル城 パリ市後援
 
1995年  エルメス本店 ディスプレイ刺制作(パリ)
 
1996年  衆議院本館議長室欄間孔雀文・復元・新調
2015 年 京都 祇園祭「北観音山」水引幕 復元新調
 
​2017 年 京都刺協同組合 理事長就任
 
2019 年 「京の名工」に認定「えどもえども」 講談社 出版  出版記念特別展「えどもえども」(京都 妙顕寺)
 
妻は[[長艸純恵]]。刺作家・服飾デザイナー・京伝統工芸士。夫の重厚で伝統と革新が詰まった作品に対し、女性的な魅力を持ち、美しくも優しい作品には女性を中心とした多くの愛好者がいる。代表作に半襟「源氏物語五十四帖」、団扇「花源氏物語」などがある。
公私ともに夫を支えており、作家でありながら長艸敏明のプロデューサーという側面もある。京都、東京で刺教室を主宰し、夫婦ともに京の普及に勤めている。
 
長男は[[長艸真吾]]。[[関西大学]]社会学部卒業ののち、再び4年制の[[京都市立芸術大学]]美術学部を卒業。論文で市長賞を受賞。
芸術家・アートプロデューサー。長艸敏明の工房「長艸巧房」の経営を担う。京の長艸としては3代目にあたる。
 
== 主な受賞歴 ==
 
== 著書 ==
「長艸敏明の刺」(世界文化社刊・2012年)
 
えどもえども」 (講談社刊・2019年)
 
== 外部リンク ==
*[https://www.nagakusa.info/ 長艸刺工房ホームページ]
 
{{デフォルトソート:なかさく としあき}}
[[Category:日本のファッションデザイナー]]
[[Category:刺作家]]
[[Category:1948年生]]
[[Category:京都府出身の人物]]
529,373

回編集