「遺伝子オントロジー」の版間の差分

Reverted to revision 53702703 by Ertyupoi (talk): 荒らしを差し戻し (TwinkleGlobal)
(内容追加)
タグ: 差し戻し済み ビジュアルエディター モバイル編集 モバイルウェブ編集
(Reverted to revision 53702703 by Ertyupoi (talk): 荒らしを差し戻し (TwinkleGlobal))
タグ: 取り消し
 
'''遺伝子オントロジー'''(いでんしオントロジー、{{lang-en-short|gene ontology}}、'''GO''')とは、[[生物学]]的概念を記述するための、共通の語彙を策定しようとするプロジェクトである。
ぱいぱいぱーーーーい。
 
1990年代後半から、生物学における実験手法の革新([[DNAシーケンサー]]や[[DNAマイクロアレイ]]など)や、[[バイオインフォマティクス]]的手法の発達により、様々な[[種 (分類学)|種]]の遺伝子関連情報が[[データベース]]化されている。これらに蓄積された情報を有効に活用するためには、統一された語彙を用いて、機能情報などを記述する必要がある。統一された語彙を用いることで、異なった機関によって作成されたデータベース、更に異なった生物種のデータベース間で、データの結合や、横断比較を行うことが可能になる。データベースは無料で公開されている。
 
== 実際のデータ ==
[[画像:Amigo.png|thumb|250px|図1:[http://www.godatabase.org/cgi-bin/amigo/go.cgi AmiGO]によるトップレベルGO Tremのグラフ化。]]
ぺいぺーーい
GOで定義された用語は、{{lang|en|GO term}} と呼ばれる。{{lang|en|GO term}} は三つのカテゴリーに分かれる。
*{{lang|en|biological process}}(生物学的プロセス)
*{{lang|en|cellular component}}(細胞の構成要素)
*{{lang|en|molecular function}}(分子機能)
 
計算機上でGOのデータは、[[有向非巡回グラフ]] ({{lang-en-short|directed acyclic graph}}、DAG) と呼ばれる[[データ構造]]を用いて記述することができる。DAGの性質上、非常に[[Extensible Markup Language|XML]]との親和性が高いため、[[アノテーション]]と共に[[Resource Description Framework|XML-RDF]]フォーマットでも提供されている。
 
==外部リンク==
* [http://www.geneontology.org/ the Gene Ontology]