「米谷佳晃」の版間の差分

編集の要約なし
(宇宙船より加筆。)
 
 
== 人物・来歴 ==
[[1970年]]よりアートクリエイターと称し、[[円谷プロダクション]]や[[東映]]など、テレビ・映画で企画や[[特殊美術]]デザインを担当<ref name="U155">{{Cite journal|和書|date=2016-12-29|title=70's円谷怪獣リスペクト検証 栄光の怪獣王国、狂乱のデザイン史 第3回] シリーズ初の専任デザイナー・米谷佳晃の革新と核心|journal=[[宇宙船 (雑誌)|宇宙船]]|volume=vol.155 |issue=(WINTER 2017.冬)|publisher=[[ホビージャパン]] |pages=pp.102-107|isbn=978-4-7986-1360-4}}</ref>。『[[ウルトラセブン]]』における[[講談社]]主催の怪獣デザイン募集企画に、アートサークルMUTANTSの一員として多数の作品を応募したことで、[[円谷プロダクション|円谷プロ]]から注目され『[[帰ってきたウルトラマン]]』の第3クール前後から、本格的に怪獣デザインを手掛けることになる。それまでの[[ウルトラシリーズ]]では美術スタッフが怪獣デザインも手がけていたため、同シリーズで初の専任デザイナーとなった<ref name="U155" />。
 
『[[ミラーマン]]』や『[[ジャンボーグA]]』などの円谷作品を経て、[[矢島信男]]主宰の[[特撮研究所]]で『[[コンドールマン]]』のヒーローデザインを手掛けた後に、企画段階の[[東宝]]映画『[[ゴジラvsビオランテ]]』にも参加し、[[ビオランテ]]の検討用デザイン(実質的なデザイン原案)を手掛けたこともあった。また、[[テーマパーク]]の世界に精通しており、博物館や動物園等の展示プロデュースや[[サーカス]]のアドバイザーも務めている。
{{DEFAULTSORT:よねたに かこう}}
[[Category:特撮スタッフ]]
[[Category:日本のキャラクターデザイナー]]
[[Category:円谷プロダクションの人物]]
[[Category:存命人物]]