「豊原郡」の版間の差分

m
さた → された
m (さた → された)
 
===== 第一次幕領期 =====
[[文化 (元号)|文化]]4年([[1807年]])[[文化露寇]]<ref>[https://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/files/00006900/00006975/dai2syou.pdf 稚内史 第二章 ロシアの乱暴と山崎半蔵の宗谷警備]</ref><ref>文化四(千八一七)年ロシアの択捉島襲撃を巡る諸問題 川上淳</ref><ref>高野明、「[https://hdl.handle.net/2065/00053944 フヴォストフ文書考]」『早稲田大学図書館紀要』 1964年 6巻 p.1-28, {{hdl|2065/00053944}}, {{naid|120006306514}}</ref>発生を受け、樺太を含む西蝦夷地が[[箱館奉行#箱館奉行・松前奉行・蝦夷奉行|松前奉行]]の管轄する[[天領|公議御料]](幕府直轄領)となった(〜[[1821年]]、第一次幕領期)。文化5年([[1808年]])、幕命を受けた[[会津藩]]が[[警固]]に就き、文化6年([[1809年]])西蝦夷地から樺太が分立、この年から豊原郡域の警固を[[津軽藩]]が引き継いだ。
 
公議御料となった文化5年(1808(1808)、このとき、樺太場所請負人は柴屋長太夫。文化6年(1809(1809)に西蝦夷地から樺太が分立したとき、樺太場所(北蝦夷地場所)の請負人は[[栖原角兵衛|栖原家]]と[[伊達林右衛門|伊達家]]<ref>田島佳也、「[http://id.nii.ac.jp/1274/00002576/ 近世期~明治初期、北海道・樺太・千島の海で操業した紀州漁民・商人]」『知多半島の歴史と現在(16) 』 2015年 19巻, 日本福祉大学知多半島総合研究所</ref>となった。豊原郡域の[[蝦夷#えぞ|蝦夷]]([[アイヌ]])たちにも、[[亜庭湾]]岸の漁場に出稼ぎし生計を立てるものがいた。
 
===== 松前藩復領後 =====
 
○[[嘉永]]7年([[1854年]])の『鈴木重尚 松浦武四郎 唐太日記』に下記の記載あり。
* [[豊原市]]
** コイヘツ・・・小屋
** ハアセ(ハアセクシ、豊原市西部)・・・小屋
 
===== 幕末の樺太警固(第二次幕領期) =====
安政2年([[1855年]])[[日露和親条約]]で国境未定のまま交渉を棚上げ先送りさた。樺太を含む蝦夷地が再び公議御料となり、豊原郡域は[[秋田藩]]
警固地となった<ref>[https://www.pref.akita.lg.jp/uploads/public/archive_0000005160_00/H18_kikaku.pdf 平成18年度 秋田県公文書館企画展 秋田藩の海防警備]</ref>。その後、[[万延]]元年([[1860年]])樺太警固は[[仙台藩|仙台]]・[[会津藩|会津]]・秋田・[[庄内藩|庄内]]の4藩となるが、[[文久]]3年([[1863年]])以降は仙台・秋田・庄内の3藩体制となる。<ref>榎森進、「[http://id.nii.ac.jp/1204/00023583/ 「日露和親条約」調印後の幕府の北方地域政策について]」『東北学院大学論集 歴史と文化 (52)』 2014年 52巻 p.17-37, {{naid|40020051072}}</ref>[[慶応]]3年([[1867年]])[[樺太島仮規則|樺太雑居条約]]で樺太全島が日露雑居地とされた。
 
=== 郡発足以降の沿革 ===
* [[1915年]]([[大正]]4年)[[6月26日]] - 「樺太ノ郡町村編制ニ関スル件」(大正4年[[勅令]]第101号)の施行により、行政区画としての豊原郡発足。発足時、豊南村、大富村、豊原町、西久保村、高岡村、広野村、豊北村の7村。豊原支庁が管轄。(1町6村)
* [[1918年]](大正7年) - [[共通法]](大正7年法律第39号)(大正7年4月17日施行)1条2項で、樺太を[[内地]]に含むと規定<ref>[{{NDLDC|2953822/3}} 法律第39号] 官報 大正7年(1918年)4月17日</ref>され、終戦まで基本的に[[国内法]]が適用されることとなった。
* [[1922年]](大正11年) [[4月1日]] - 「樺太ノ地方制度ニ関スル法律」(大正10年4月8日法律第47号)と、その細則「樺太町村制」(大正11年1月23日勅令第8号)を同時に施行。「部落総代規定」廃止。
* [[1923年]](大正12年)[[4月1日]] - 豊南村・大富村・西久保村が豊原町に、高岡村・広野村が豊北村にそれぞれ合併。(1町1村)