「ウィニフレッド・ナイツ」の版間の差分

m
さた → された
m (さた → された)
{{翻訳直後|1=[https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Winifred_Knights&oldid=818216644 [[:en:Winifred Knights]] 07:58, 2 January 2018‎2018 UTCの版]|date=2018年11月}}
'''ウィニフレッド・マーガレット・ナイツ'''(Winifred(Winifred Margaret Knights、[[1899年]] - [[1947年]])は英国の画家である。代表作は現在[[ニュージーランド国立博物館テ・パパ・トンガレワ]]にある"The Marriage at Cana"「[[カナの婚宴]]」と、現在[[テート・ギャラリー]]が所蔵しているローマ奨学金の受賞作"The Deluge"「大洪水」などである<ref>{{Cite news|title=Winifred Knights 1899-1947 {{!}} Tate|last=Tate|url=https://www.tate.org.uk/art/artists/winifred-knights-1425|accessdate=2018-08-17|language=en-GB|work=Tate}}</ref>。
 
ナイツのスタイルはイタリアのクワトロチェント(初期ルネサンスから盛期ルネサンス)の影響を強く受け、1920年代にモダニズムのスタイルの要素を残しつつも、宗教イメージの復活に参加した英国人アーティストの一人だった<ref>{{Cite web|url=http://www.winifredknights.com/|title=Winifred Knights|accessdate=2018-08-17|website=www.winifredknights.com}}</ref>。ナイツに似たスタイルの画家として、[[ベン・ニコルソン]]、[[スタンリー・スペンサー]]、[[エドワード・ワズワース]]らがいた。
1920年、ナイツは仲間の学生アーノルド・メイソンとイタリアに引っ越し、ローマの南にある小さな村[[アンティーコリ・コッラード]]に住むようになった。1922年、[[テート・ギャラリー]]はナイツの作品"Italian Landscape"(1921年)を購入した。<ref>{{Cite news|title=‘Italian Landscape’, Winifred Knights, 1921 {{!}} Tate|last=Tate|url=https://www.tate.org.uk/art/artworks/knights-italian-landscape-n03681|accessdate=2018-08-17|language=en-GB|work=Tate}}</ref><ref>{{Cite book|last=1950-|first=Spalding, Frances,|title=20th century painters and sculptors|url=https://www.worldcat.org/oclc/25914398|date=1990|publisher=Antique Collectors' Club|isbn=1851491066|location=Woodbridge, Suffolk|others=Collins, Judith, 1946-|oclc=25914398}}</ref>
[[File:'The Marriage at Cana' by Winifred Knights.jpg|thumb|'The Marriage at Cana]]
彼女は1920年から1925年までローマにいたが、メイソンとの関係が終わると、同じくブリティッシュスクール・アット・ローマの奨学生であったウォルター・トーマス・モニントンと1924年4月23日に結婚した。ローマでの最初の主要な作品"The Marriage at Cana"「[[カナの婚宴]]」は1923年に完成した。[[テート・ギャラリー]]は絵を拒否し、[[ニュージーランド国立博物館テ・パパ・トンガレワ]]が購入した。<ref>{{Cite web|url=https://collections.tepapa.govt.nz/object/39515|title=Loading... {{!}} Collections Online - Museum of New Zealand Te Papa Tongarewa|accessdate=2018-08-17|website=collections.tepapa.govt.nz|language=en}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://collections.tepapa.govt.nz/document/7695|title=Loading... {{!}} Collections Online - Museum of New Zealand Te Papa Tongarewa|accessdate=2018-08-17|website=collections.tepapa.govt.nz|language=en}}</ref>
 
ナイツは1926〜27年にスレードに戻り、[[ケンジントン]]の帝国ギャラリーとデュヴィーン・ギャラリーの両方で展示を行った。1928-33年、ナイツは[[カンタベリー大聖堂]]のミルナー記念礼拝堂のために祭壇画"Scenes from the Life of St Martin of Tours"を作成した<ref>{{Cite news|title=Winifred Knights – Unknown Genius?|url=https://www.canterbury-cathedral.org/whats-on/news/2015/10/26/winifred-knights-unknown-genius/|accessdate=2018-08-17|language=en-US}}</ref>。1929年にナイツは職業画家の協会「[[ニュー・イングリッシュ・アート・クラブ]]」に選出されたが、協会の展示には参加しなかった。
 
[[File:The Deluge.jpg|thumb|300px|"The Deluge" (1920)]]
ナイツの大洪水の絵には、箱舟に動物を積み込んでいる[[ノア (聖書)|ノア]]と家族の前景など、いくつかのバージョンを経て完成した。しかし、時間が足りなくなったために、ナイツは上昇する水から高台に逃げる人々のみを描いて構成を簡素化することを余儀なくさた。そのため[[ノアの方舟]]は画面右奥に見ることができる。赤ん坊を運ぶ中央の人物のモデルはナイツの母親で、パートナーであったアーノルド・メイソンは、彼女の横の男性と丘の上を歩く男性のモデルとなった。自分自身をモデルとして前部の中央右の人物を描いた。洪水の水はクラパム・コモンの水をヒントにした。 "The Deluge"「大洪水」は1925年の[[パリ万国博覧会 (1925年)|パリ万国博覧会]]のブリティッシュ・パビリオンに展示された。
 
== 服装 ==
== 参考文献 ==
* Sacha Llewellyn, Winifred Knights, Lund Humphries and Dulwich Picture Gallery, London 2016
* Winifred Knights, The British School at Rome/Fine Art Society plc/ Liss Fine Art, (exhibition catalogue) 1995
 
{{DEFAULTSORT:ないつ  ういにふれつと}}
[[Category:1899年生]]
[[Category:1947年没]]
[[Category:20世紀の女性画家]]
[[Category:イングランドの画家]]
[[Category:ロンドン出身の人物]]
[[Category:1899年生]]
[[Category:1947年没]]