「ビデオディスク」の版間の差分

m
さた → された
m (さた → された)
 
{{翻訳直後|1=[[:en:Special:Redirect/revision/894445573]]|date=2019年5月}}[[ファイル:CRVDisc.jpg|サムネイル| ビデオディスク(業務用CRVディスク)と[[VHS]]カセット ]]
'''ビデオディスク'''(英語:videodisc, video disc)は、映像および音声信号を再生する[[ディスクメディア]]の総称である。
 
実用的なものはレーザー方式が大多数であるが、本項目では歴史的なビデオディスクとして、光学影像式(映画)、針式(スタイラス)、磁気式などレーザー以外のものも扱う。
 
== 歴史 ==
 
=== 19世紀 - 20世紀前半 ===
1892年3月3日、フランスの発明家{{仮リンク|ジョルジュ・デムニー|en|Georges Demenÿ}}は、「フォノスコープ」の特許を取得した。これは1891年に設計され、{{仮リンク|クロノフォトグラフィー|en|Chronophotographie}}写真をガラスディスクに投影するものである <ref>{{Cite web|title=Who's Who of Victorian Cinema|url=http://www.victorian-cinema.net/demeny|website=www.victorian-cinema.net|accessdate=2019-05-07}}</ref> <ref>{{Cite book|title=Alice Guy Blaché: Lost Visionary of the Cinema|url=https://books.google.co.uk/books?id=mqIMBAAAQBAJ&pg=PA8&lpg=PA8&dq=Disc+Demeny&source=bl&ots=0TnfON_7kl&sig=It_BsRRHecKY3a1VbMqq_eKGnHM&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwih2PObv6DXAhWIfhoKHbeKDIoQ6AEIWjAN#v=onepage&q=Disc%20Demeny&f=false|publisher=Bloomsbury Publishing USA|date=2014-08-22|isbn=9781501302695|language=en|first=Alison|last=McMahan}}</ref>。
 
1893年、イギリスの写真家[[エドワード・マイブリッジ]]は、クロノフォトグラフィーのアニメーションをガラスディスクに投影し{{仮リンク|ズープラクシスコープ|en|Zoopraxiscope}}で再生する発明を行った<ref>http://www.terramedia.co.uk/media/video/zoopraxinoscope.htm</ref>。なおこの発明がきっかけで、[[トーマス・エジソン|エジソン]]をして[[映画]]を発明させる事に繋がった。
 
1898年、ニューヨークを拠点とするカメラメーカー、{{仮リンク|E & HT アンソニー|en|E. & H. T. Anthony & Company}} が「The Spiral」と呼ばれる映画カメラとプロジェクターを組み合わせたものを発売した。これは200個のイメージを直径8インチのガラスディスク板に記録でき、毎秒16フレームで再生時には13秒の動画像を再生できる<ref>{{Cite web|title=The quest for home video: Anthony Spiral|url=http://www.terramedia.co.uk/media/video/anthony_spiral.htm|website=www.terramedia.co.uk|accessdate=2019-05-07}}</ref>。
 
1907年、{{仮リンク|セオドア・ブラウン|en|Theodore Brown}}が1200個のイメージを直径10インチのガラスディスク板に記録でき、毎秒16フレームで再生時には1分15秒程度の動画像を再生できるシステムを発明した(英国特許GB190714493)。毎秒16フレームで再生した場合、ディスクは約1分15秒ほど再生可能。 このシステムは{{仮リンク|チャールズ・アーバン|en|Charles Urban}}により「Urban Spirograph」として発売されたが普及しなかった<ref>{{Cite web|title=The quest for home video: Urban Spirograph|url=http://www.terramedia.co.uk/media/video/Urban_Spirograph.htm|website=www.terramedia.co.uk|accessdate=2019-05-07}}</ref>。
 
1930年初頭、スコットランドの[[ジョン・ロジー・ベアード]]が Phonovision システムを開発、1秒間に約4フレームを再生できたが普及しなかった。
 
=== 20世紀後半 ===
1952年、[[ウェスティングハウス・エレクトリック|ウェスティングハウス・エレクトリック社]]のフランス技術者 P.M.G・トゥーロンが、低速回転するディスクの渦状トラック上に記録した1.5mm幅の映像フレームを {{仮リンク|FSS管|en|Flying-spot scanner}}で読み取り映像信号を生成するシステムを発明した(米国特許 3198880)。これは、[[レコード]]からの音声の再生と同期して組み合わせることを目的としていた。 実用化はされなかったようである。これはテープベースの業務用の{{仮リンク|EVR|en|Electronic Video Recording}}に類似している。
 
1965年、ウェスティングハウス・エレクトリックが Phonovid システムを開発。このシステムでは、400枚の静止画像を40分間の音声と共に再生できる<ref>{{Cite web|title=LabGuy's World: Extinct Westinghouse Video Equipment|url=http://www.labguysworld.com/Cat_Westinghouse.htm|website=www.labguysworld.com|accessdate=2019-05-07}}</ref> 。このシステムでは、標準的な[[レコードプレーヤー]]を使用して、ゆっくりと絵を生成する。
 
1970年、ドイツ・[[テレフンケン|テレフンケン社]]により「{{仮リンク|TeD|en|Television Electronic Disc}}」が開発される。これは12インチのディスクに約8分収録可能であった。[[VHS]]を優先する親会社([[シーメンス]])の意向で廃れた。
 
1972年、日本の東芝・[[TOSBAC]]において、カラーの256×256の[[解像度]]の映像を再生するデジタルビデオディスクが使われていた<ref>[https://books.google.co.uk/books?id=eY4mAAAAMAAJ ''First USA-Japan Computer Conference Proceedings: October 3-5, 1972, Tokyo, Japan''], page 320, [[American Federation of Information Processing Societies]]</ref>。1973年には、[[日立]]が15色の静止画像を再生可能なビデオディスクを発表した 同年、 [[ソニー]]もビデオディスクレコーダーの原型を発表しており、これは1997年の[[デジタルマビカ]]に類似していた<ref name="terramedia">{{Cite web|title=The quest for home video: Video discs part 2|url=http://www.terramedia.co.uk/media/video/video_discs_2.htm|website=www.terramedia.co.uk|accessdate=2019-05-07}}</ref>。
 
1975年、日立は、色度、輝度、音の情報を[[ホログラフィー|ホログラフィック]]技術により記録するビデオディスクシステムを発表した。 各フレームは直径305mm のディスクに 1mm 幅のホログラムとして記録され、レーザービームは3つの角度からホログラムを読み取ります。 容量は54,000フレームで、 [[NTSC]]標準カラーの場合は30分、 [[576i|PAL / SECAM]]場合は36分の収録が可能<ref name="terramedia">< /ref>。
 
1978年、当時のナショナル([[パナソニック]])が「[[VISC]]」を開発。12インチの[[ポリ塩化ビニル|ビニル]]ディスクを500rpm で回転させ、1回転で3フレームのカラー影像を保持。ディスクの各面に最長1時間のビデオを収録できる<ref name="terramedia">< /ref>。記録フォーマットは、30分/片面または60分/片面の2種類がある。これは後に、9インチのディスクに75分/片面で収録できるシステムに進化した<ref>Billboard, 28 April 1979</ref>。1980年1月に[[日本ビクター]]の[[VHD]]が登場し、開発中止となった<ref>Video Age: Television Technology and Applications in the 1980s (Video Bookshelf) (Hardcover)</ref>。 {{See also|レーザーディスク}}
 
1978年、アメリカ・[[ミュージック・コーポレーション・オブ・アメリカ|MCA社]]とオランダ・[[フィリップス|フィリップス社]]が{{仮リンク|DiscoVision|en|DiscoVision}}を開発。[[レーザー|レーザー光]]の反射を利用する。これは、VLP、Laservision、あるいは[[CDビデオ]]とも呼ばれた。最終的に[[パイオニア]]が[[レーザーディスク|レーザーディスク (LaserDisc)]] として商標を取得した。
 
{{仮リンク|Thomson-CSF|en|Thomson-CSF}}社は、薄いフレキシブルビデオディスクと、ディスクの反対側に光源とピックアップを備えた透過型レーザーシステムを使用するシステムを開発した。 このシステムは、1980年に産業用および教育用向けに販売さた。 ディスクの各面には50,000枚の静止[[CAV]]フレームを入れることができ、両面をディスクを取り出すことなく読み取ることができた。1981年に市場から撤退<ref>{{Cite web|title=Thomson-CSF Transmissive VideoDisc System from 1980|url=http://www.cedmagic.com/history/thomson-csf-1980.html|website=www.cedmagic.com|accessdate=2019-05-07}}</ref>。
 
1981年、[[RCA|RCA社]]が「{{仮リンク|Capacitance Electronic Disc|en|Capacitance Electronic Disc|label=CED|redirect=1}}」を開発、「SelectaVision」と言うブランドで販売した。 このシステムは、プレスされたディスクの溝に乗っている物理的なピックアップを使って、その下層部分にある静電容量の変化を読み取る。 このシステムは数年間ほどレーザーディスクと競合した後、撤退した。
 
1983年、[[日本ビクター]]が[[VHD]]を開発、販売した。これは{{仮リンク|Capacitance Electronic Disc|en|Capacitance Electronic Disc|label=CED|redirect=1}}と同様に静電容量コンタクト方式だが、ディスクに物理的な溝がない点が異なる。主に日本で普及したが、レーザーディスクとの[[規格争い]]に敗れて撤退した。VHDディスクはイギリス・{{仮リンク|Thorn EMI|en|Thorn EMI}}社によって採用された。 一般市場向けの開発は1983年末に中止された。教育およびビジネス市場では1980年代後半までコンピュータ制御のビデオシステムとして販売されていた。
 
1984年、[[マクドネル・ダグラス|マクドネル・ダグラス社]]が{{仮リンク|Laserfilm|en|Laserfilm}}を開発した。
 
1996年、Sirius Publishing社が{{仮リンク|MovieCD|en|MovieCD}}をリリース。物理メディアは[[CD-ROM]]であるが、[[Microsoft Windows|Windows]]用PC向けに再生ソフトウェアを含めてリリースされた。映像はMotionPixelsコーデックにより圧縮され、品質は低く、16ビットハイカラー、毎秒16フレーム、320×236の再生解像度であった。
{{See also|DVD}}
1996年、[[DVD]]がリリースされた。技術的にはフィリップスとソニーの[[MMCD]](マルチメディアコンパクトディスク)と[[東芝]]のSD(スーパー密度)フォーマットのハイブリッドである。 1970 - 1980年代のベータ・VHSの間の[[規格争い]]を回避するために、ハイブリッドDVDフォーマットの最新の採用が3社で合意された。
{{See also|Blu-ray Disc|HD DVD|第3世代光ディスク}}
2002年、ソニーが主導する[[Blu-ray Disc|Blu-ray]]がより高精細の光ビデオディスクフォーマットとして開発、リリースされた。同年、東芝が主導する[[HD DVD]]もリリースされ[[規格争い]]が再開される事となった。
 
2015年、[[2160p|4K UHD]]解像度をサポートする[[Ultra HD Blu-ray]] (UHD BD)がリリースされた。
 
== 分類 ==
再生メカニズムに基づく分類
 
* 機械式
** {{仮リンク|Phonovision|en|Phonovision}}
** Phonovid
** {{仮リンク|TeD|en|Television Electronic Disc}}
** Visc
* 静電容量コンタクト方式
** [[Capacitance Electronic Disc|CED]] [[VHD]]
* 光ディスク
** 反射式
*** [[レーザーディスク]]、[[コンパクトディスク|CD]]、[[DVD]]、[[Blu-ray Disc|Blu-ray]]、[[Ultra HD Blu-ray|UHD BD]]など
** 透過式
*** Thomson CSF system
*** {{仮リンク|Laserfilm|en|Laserfilm}}
 
== 参考文献 ==
[[Category:ビデオディスク|*]]
[[Category:ビデオストレージ|*]]
 
[[Category:未査読の翻訳があるページ]]