「中野好之」の版間の差分

m
さた → させた
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
m (さた → させた)
 
'''中野 好之'''(なかの よしゆき、[[1931年]]2月 - )は、日本の西洋思想史学者。
 
== 経歴 ==
[[中野好夫]]・信([[土井晩翠]]の娘)の長男として東京に生まれる。1955年[[東京大学]]経済学部卒業<ref name="Profile">日外アソシエーツ現代人物情報</ref>。[[名古屋大学]]大学院修士課程修了<ref name="Profile"/>。
編集者などを経て、[[國學院大學]]文学部教授、富山国際大学教授を歴任<ref name="Profile"/>。
 
晩年の父が訳していた、[[エドワード・ギボン]]『[[ローマ帝国衰亡史]]』の翻訳を、[[朱牟田夏雄]]から引き継ぎ完成さた。その功績により1994年、[[日本翻訳出版文化賞]](第30回)を受賞<ref name="Profile"/>。
 
父とは思想の方向が異なり、英国の社会思想・保守思想研究を専門とし、皇室崇拝家である。妹のノンフィクション作家・[[中野利子]]はむしろ父の思想を受け継いでおり、その伝記(『父 中野好夫のこと』、岩波書店)を書いた。息子は英文学者の[[中野春夫]](学習院大学教授)。
 
== 著書 ==
* 「評伝[[エドマンド・バーク|バーク]] アメリカ独立戦争の時代」、みすず書房 1977、オンデマンド版2010
* 「仙台「晩翠草堂」の顛末-詩人・土井晩翠旧宅敷地譲渡をめぐる紛争の内幕」、御茶ノ水書房 1988
* 「バークの思想と現代日本人の歴史観 保守改革の政治哲学と皇統継承の理念」、御茶の水書房 2002
* 「我が国の皇統継承の歴史と理念 昨今のいわゆる女帝論議に触れて」、御茶の水書房 2007
* 「万世一系 面白半分の異端曲説」、御茶の水書房 2009
 
== 翻訳 ==
* 「哲学の変貌」 ハワード・セルサム 高桑純夫共訳 [[紀伊国屋書店]] 1959
* 「啓蒙主義の哲学」 [[エルンスト・カッシーラー]] 紀伊国屋書店 1962、新装復刊1997/[[ちくま学芸文庫]](改訳版:上下) 2003
* 「黄河源流からロプ湖へ」 [[ニコライ・プルジェワルスキー]]、[[加藤九祚]]共訳、西域探検紀行全集(2) [[白水社]] 1967、新装復刊2004ほか
* 「一娼婦の手記」 [[ジョン・クレランド]] 田園書房、1969 /「ファニー・ヒル」 [[ちくま文庫]] 1994
* 「十八世紀イギリス思想史」 、[[レズリー・スティーヴン]]、筑摩叢書(上中下) 1969‐70、新版1985
* 「政治的対話篇」 モーリス・クランストン 山下重一、岡和田常忠共訳 みすず書房 1973
* 「[[エドマンド・バーク]]著作集 1.2巻」 みすず書房 1973
* 「人生についての断章」 [[バートランド・ラッセル]] 太田喜一郎共訳 みすず書房 1979、新版2005
* 「[[サミュエル・ジョンソン]]伝」 [[ジェイムズ・ボズウェル]] みすず書房(全3巻) 1981-831981-83、新版1993、オンデマンド版2011
* 「[[ジョナサン・スウィフト|スウィフト]]政治・宗教論集」 海保眞夫共訳 法政大学出版局:叢書ウニベルシタス 1989
* [[エドワード・ギボン|ギボン]] 「ローマ帝国衰亡史」 第7-117-11巻:筑摩書房 1990-93/ちくま学芸文庫(改訂版):第6-10巻 1996
* 「ギボン自伝」、筑摩書房 1994/ちくま学芸文庫 1999
* 「ギボン 歴史を創る」 ロイ・ポーター 海保眞夫共訳、叢書ウニベルシタス・[[法政大学出版局]] 1995
* 「崇高と美の観念の起原」 エドマンド・バーク みすず書房〈みすずライブラリー〉 1999
* 「バーク政治経済論集 保守主義の精神」(編訳) 法政大学出版局  2000、オンデマンド版2013
* 「[[フランス革命の省察|フランス革命についての省察]]」 エドマンド・バーク 岩波文庫(上・下) 2000
* 「ジョンソン博士の言葉」 ボズウェル みすず書房「大人の本棚」 2002
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
<!--=== 注釈 ===
{{Reflist|group=""}}-->
=== 出典 ===
{{Reflist}}
{{Normdaten}}
 
{{Academic-bio-stub}}