「王貞治」の版間の差分

m
style
(→‎外部リンク: baseball reference)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
m (style)
6人兄妹の次男であり、長兄は鉄城、長姉は幸江、次姉に順子、同じ日に生まれた双子の姉・廣子(1歳3ヶ月で死去)、末妹の佳子(数ヶ月で死去)で、結局末っ子として育てられた<ref>王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』14P参照</ref>。[[太平洋戦争]]中の一時期、王一家は母親の旧姓「當住」を名乗っていたこともあったという。
 
=== 少年時代 ===
王いわく「自分は中学生の時点で175cm前後あり、実際に肩幅もよかった。もっと実際の話をすれば、好戦的だったと認められていた。」とのことである。一方で自著『もっと遠くへ~私の履歴書~』では、中華料理『五十番』を経営する父の王仕福が働き者で地元に溶け込もうと近所付き合いがよかったと記している<ref>王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』17P参照</ref>。
 
野球との出会いは、まだ子どもの頃の神社の境内や路地での草野球であり、本格的に野球を始めたのは兄の鉄城が慶応義塾大学医学部に入学し野球部に入ったことで、その兄に連れられて野球部の合宿に行ったことから、小学校4年生でクラス仲間とチームを作った。懸垂も出来ず腕相撲もからっきし弱い子だったが野球はうまく投手で4番を打っていた。1953年に墨田区立業平小学校を卒業した<ref>朝日デジタルのニュース記事「[https://www.asahi.com/articles/ASKCR4HNCKCRUTIL005.html OB王貞治さん祝福 墨田の業平小100周年式典]」辻健治 2017年11月24日03時00分</ref>が、進学した[[墨田区立本所中学校|区立本所中学]]には野球部がなく、地元の町工場のおやじさんが作った高校生主体の野球クラブ「厩四ケープハーツ」に中学生ながらチームに加わり、しばらくこのクラブで自分よりも年上の大きな上級生にもまれながら活動していた。そして同じようにこのチームに入った同じ中学の子がキャッチャーを務めていて、その後「本所中学にすごいのがいるらしい」との噂が広がり、ある日中学校に東京都の野球大会の招待状が届き、本所中学校で何とかメンバーをかき集め急遽参加した。投手と捕手以外は素人同然であったが、あれよあれよという間に区大会で優勝し、東京都大会では2回戦で負けたが、バッテリーがしっかりしていれば野球になることを実感していた<ref>王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』25-26P参照</ref>。
 
=== 荒川博との出会い ===
この高校生と社会人ばかりの厩四ケープハーツの、厩四は「墨田区厩橋四丁目」からで、ケープハーツは当時1950年に社会人野球の代表と戦うために来日したアメリカのチーム名を借りたものであった。そしてこのチームで後に王のコーチとなり師匠となる[[荒川博]]との出会いがあった。
 
この年の秋から1年生ながらエースとなった。久保田・宮井両監督の指導のもと、投げる際に腕を頭の上に振りかぶらないノーワインドアップ投法により制球難を克服し、投球に安定感が増した。ちょうどその頃に[[ワールドシリーズ]]で[[ニューヨーク・ヤンキース]]の[[ドン・ラーセン]]投手が完全試合をノーワインドアップで成し遂げたことから、王の投法に「ラーセンばりの」という形容詞が付いた。王にすればラーセンの存在はそれよりも早く、荒川宅で8ミリフィルムの映像を見て既に知っており、完全試合で有名になる前にその投法で投げていたという<ref>王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』46P参照</ref>。
 
[[1957年]]、二度目の甲子園出場となった[[第29回選抜高等学校野球大会|春の選抜]]は準決勝まで3試合連続完封。[[4月7日]]の決勝は、後にプロで同僚となる[[高知市立高知商業高等学校|高知商]]の[[小松俊広]]との左腕対決となる。8回に3点を奪われて4試合連続完封を逃したものの5-35-3で[[完投]]勝利、[[関東地方|関東]]に初めて選抜優勝旗をもたらした。この試合では左手中指と人差し指のマメがつぶれ、血染めのボールによる完投となる。春の選抜優勝で王は全国に注目される存在となった。続く[[第39回全国高等学校野球選手権大会|夏の選手権]]では、2回戦で[[大阪府立寝屋川高等学校|寝屋川高]]から延長11回の熱戦で[[ノーヒットノーラン]]を達成。延長戦でのノーヒットノーラン達成は、甲子園では春夏を通じて唯一の記録である。後年、王は「高校2年の頃が投手としてピークだったと思う。この後バッティングは良くなっていったけど、ピッチングはどことはいえないが、どこかおかしくなっていった」と語っている。この大会は準々決勝で[[小川博 (内野手)|小川博]] 、[[河東真]]を打線の中軸とする[[法政大学第二中学校・高等学校|法政二高]]に1-2で惜敗した。
 
この年の秋、早実は[[第12回国民体育大会|静岡国体]]の硬式野球高校部門に選出されたが、王は当時の国籍規定(王は[[中華民国]]([[台湾]])国籍)のため出場できなかった(なお、現在はこの国籍規定は撤廃されている)。王は自著「回想」では「生涯最も悔しかったこと」と語っているが、後年のインタビューでは「高校球児は甲子園こそ目標で、国体にはそこまでのモチベーションはなかった。今振り返ってもそういうこともあったな、程度。甲子園大会でそういう規定があったら悔やんでも悔やみきれなかっただろうけど」と語っている<ref name="NettouNoSeiki" />。国体では王の同期である[[河原田明]]らが登板したが、1回戦で[[倉島今朝徳]]のいた[[長野県上田高等学校|上田松尾高]]に敗れる。
 
翌[[1958年]]、3年生の時の[[第30回選抜高等学校野球大会|春の選抜]]では打者としても活躍し、30年ぶりとなる2試合連続本塁打を放った(当時の甲子園球場は[[ラッキーゾーン]]はあったが、高校野球も木製バットを使用していた。[[バット (野球)|金属バット]]の使用が認められるのは1974年からである)。この大会は準々決勝で[[熊本県立済々黌高等学校|済々黌高]]に敗退。同年夏は東京都予選決勝で明治高と対戦、1-11-1で迎えた延長12回表に4点を奪いながら、その裏に5点を奪われて逆転サヨナラ負けを喫し、5季連続の甲子園出場は果たせなかった。この時、早実の野球部長の音頭により、甲子園本大会に向けて大阪に出発する明治高ナインを早実野球部員全員で[[東京駅]]にて見送った。もともと王は父の意向もあって大学進学を考えており、高校2年生の夏にはすでに[[読売ジャイアンツ]]より誘いがあったが、大学進学を考えていたため断っている<ref name="NettouNoSeiki" />。王は「もし5季連続出場を果たしていたら野球にけじめをつけて大学にいっていたと思う。最後に出られなかったことで気持ちが宙ぶらりんになった」と語っている<ref name="NettouNoSeiki" />。
 
プロ野球の各チームが熱心に誘ったが、特に熱心だったのが王に縁の深い甲子園を本拠地とする[[阪神タイガース|大阪タイガース(阪神)]] であった<ref>[https://www.jiji.com/jc/v4?id=moshimo_oh0001 王貞治が阪神に入っていたら プロ野球「もしも、もしも・・・の物語」]</ref>。新聞は「王、阪神へ」と大きく報道。親も高卒選手の多い阪神を薦めていたため、当初は前述の事情もあってスカウト合戦に参戦していなかった巨人が急きょ「大学に行くと聞いていたので獲得に乗り出さなかったが、プロに行くならぜひうちへ」と獲得に名乗りを上げた。もともと東京で生まれ育った王は「プロに行くなら巨人」と考えており、気持ちは非常に揺れ動いたという。しかし、最後は自分の気持ちを貫き、巨人入団を決めた。兄・鉄城が同意してくれたことも心強かったという<ref name="NettouNoSeiki" />。
3年目の{{by|1961年}}、川上が水原の後を継いで監督に就任。川上は王に長嶋に次ぐ中心打者としての活躍を期待したが、打率.253・本塁打13本と2年目より成績を落とし、期待に応えることはできなかった。この年中日に入団し、ルーキーながらエースとして活躍した[[権藤博]]は王について「速球はある程度対応してくるけど、カーブを投げておけば簡単に空振りして尻餅をついていた。かわいいもんだと思った」と語っている。高卒3年目としてはそれなりの成績だったが、契約金の額や首脳陣の期待からすれば物足りない数字だった。この時期の巨人はこの年に3年連続首位打者となった長嶋だけが孤軍奮闘して、巨人はリーグ優勝とともに日本シリーズも6年ぶりに制覇した。しかしチーム打率はリーグ最低の.226でそれでリーグ最多の435の総得点を上げており、貧打打線であることには変わりはなく、これは翌年まで続いた。王はこの[[1961年の日本シリーズ|日本シリーズ]]第1戦、第2戦で4番に起用されていたが成果はなかった。また、同年オフに、阪急ブレーブスの[[米田哲也]]とのトレード話が持ち上がっていたが、不成立で終わった。
 
==== 1962~1963年(一本足打法で打撃開眼) ====
1961年のシーズン終了後、荒川博が巨人の打撃コーチに就任する<ref>王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』 71P参照</ref>。荒川のコーチ就任は、当時大毎で[[榎本喜八]]を教え込んだことで[[広岡達朗]]が川上監督に進言し、荒川を推薦したものであり、川上は榎本を育てた荒川の打撃コーチとしての手腕に王を託した。川上は荒川とはそれまで面識が無かった。王について「3割、25本塁打は十分打てる素質がある<ref>当時の巨人でのシーズン最多本塁打は青田の32本であり、簡単に30本以上が出るとは思っていなかった。</ref>」と見込んでおり、その見込みに対して成績が思うように伸びない理由は、練習をちゃんとしないために結果が出ず、そのために自信を持てず、更に練習に身が入らない、という悪循環のためだと考えた。川上が荒川に最も強く期待したのは、王に練習に身を入れるように意識改革をさせることだった。61年の秋季キャンプで久々に王を見た荒川は「ひでえもんだ」「なんだ、こんなスイングではドッジボールでしか当たらんぞ」「遊びは上手くなったかもしれんが、野球は下手になったな」と言い放ったという<ref>王の自著「野球にときめいて 王貞治、半生を語る」中央公論新社、{{ISBN2|9784120042171}} 2011年03月</ref>。王は内心カッとなったが、言い返せなかった。しかし、荒川は同時に「これだけ(打ちにいく際に、手足の動きがバラバラで不安定・一定でないため、簡単にスイングを崩される)悪い打ち方 でも、.270打ったこともあるのだから、やはり素質は素晴らしい」と感じたという。
 
翌年{{by|1963年}}、シーズンの最初から一本足打法で打ちまくり、長嶋とのコンビが「'''[[ON砲]]'''」と呼ばれ始め、この巨人の二枚看板の大活躍でこのシーズンは2年ぶりにリーグ優勝と日本シリーズの優勝を果たした。王はこの年初めて打率3割・本塁打40本を記録し、2年連続で本塁打王を獲得した。なお、4月25日の阪神戦で史上23人目の[[サイクル安打]]を達成しているが、当時サイクル安打の概念は知られていなかった(日本でサイクル安打が記録の対象であることが知られるのは、2年後に24人目のサイクル安打を達成した[[オリックス・バファローズ|阪急ブレーブス]]の[[ダリル・スペンサー]]の発言がきっかけである)。
 
==== 1964年(55本塁打達成) ====
1963年のオフから翌1964年のオープン戦の途中まで王は二本足に戻した打法を模索した。2年連続本塁打王を獲得したが、川上は満足しなかった。一本足打法を「アンバランスのバランス」と表現し、如何にも不安定なもので、「二本足ならもっと打率は上る」と王に何度も言った<ref>王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』90P参照</ref>。前年の日本シリーズ第7戦で王は二本足で2ホーマーし、荒川コーチはこれならいけると確信を持った。「荒川ノート」の1964年1月21日の項で「今シーズンから二本足で打たせることにした。」と書いている。1月29日には「二本足打法になってから打撃練習しても気の毒なくらい精彩がない。」とも書いている<ref>『王選手コーチ日誌 1962-1969 ~一本足打法誕生の極意~』108-109P参照</ref>。キャンプに入ってからもオーソドックスな打ち方で練習し、2月21日に熊本での対西鉄とのオープン戦初戦の初打席でいきなり本塁打を打った。しかし王は首を傾げながらベースを回った。「飛ばないなァ」と感じながら。二本足で本塁打を打っても「普通のフライの大きいやつ」で、一本足で打つと「驚くほど速く異次元のアーチ」だった<ref>王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』91P参照</ref>。二本足でいくか、一本足でいくか悩んだ末に、3月2日の夜に王は荒川コーチに二本足ではどうしても打てないと言い、二人で相談して一本足でいくことに決めた。荒川はこの時に「打つのは王だから王の打ちやすい型で打つのは当然だ」とし理想を追いすぎての失敗としながら「4割打者になるにはどうしても二本足打法を完成させなければいけない」とも考えていた<ref>『王選手コーチ日誌 1962-1969 ~一本足打法誕生の極意~』114-115P参照</ref>。王は「二本足でしっくりしなかったことで腹が固まった。私には一本足しかない」と思い、川上にもやはり一本足でいきますと伝え、それ以後は川上監督から何も言われなくなったという<ref>王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』91P参照</ref>。
 
後年に、この3ヶ月の間に、自分には一本足打法が一番あってることを再確認でき、それがその年の55本塁打につながったと述べている<ref>WiLL2013年2月号王貞治新春対談</ref>。
 
{{by|1964年}}のシーズンは秋の[[1964年東京オリンピック|東京オリンピック]]開催のため、3月20日に開幕となり、巨人は監督の国鉄との開幕戦([[後楽園球場]])となった。この開幕試合で、王は金田と小雨の中で対決した。5年前の新人時代に金田と開幕戦で対決して以来、開幕戦15打席ヒットがなかったが、23歳、6年目を迎えた王はこの日、通算開幕戦16打席目の3回裏二死で1塁に[[柴田勲]]を置いて1ストライク3ボールからの5球目真ん中やや低めの直球をライト場外へ2ラン本塁打(通算116号)を放つ。打球はライトスタンド場外に設置されていたローラースケート場の隣のコーヒーショップの屋根まで飛び、推定飛距離151mとされている<ref name=”151”"hochi20200319">{{cite web|title=【ヒルマニア】前回東京五輪でも3・20開幕…王が金田から150M場外弾!ローラースケート場隣のコーヒーショップ屋根に着弾|url= https://web.archive.org/web/20200320075046/https://hochi.news/images/2020/03/19/20200319-OHT1I50206-L.jpg|work= スポーツ報知|date=2020-03-20|accessdate=2020-03-20}}</ref>。金田からすると本塁打を打たれた球は「見逃せばボール球で、王から三振を奪える絶対的な球」と語っている。守備では初めて開幕投手を任された[[高橋明 (投手)|高橋明]]が6安打完投して、試合は3対1で巨人が勝利した<ref name=”151”><"hochi20200319" /ref>。
 
この本塁打は金田を驚嘆させたが、金田は一本足打法転向後も王をカモにしていたこともあり、打たれた球種・コースを投げ続けたが、同年の王にはことごとく打たれたという。これにより金田は「長嶋は対戦する前から研究をしたが、王は打たれてから研究した」と語っている(別のTV番組では、「ワシはバッターの研究なんてしたことがない。研究したのは王貞治が初めてだったね」と語っている)。この年、王は金田から1試合2本塁打2回を含む7本塁打を奪い、同一投手に対するシーズン本塁打数のタイ記録となっている。
また、王は「自分は打率を気にするバッターではない」と語っているが、相手バッテリーが警戒して四球・敬遠が増えた関連で打率が残り始め、1964年は[[江藤愼一]]と最後まで[[首位打者 (日本プロ野球)|首位打者]]を争い続けた。この年は2度目の打点王も獲得したが、首位打者争いは3厘差で江藤に及ばず、三冠王は逃した。
 
==== 1965年~1967年(三冠王への挑戦) ====
翌{{by|1965年}}はシーズン中の怪我の影響で本塁打は42本に減少したが、4年連続の本塁打王、109打点で2年連続3度目の打点王を獲得。打率はシーズン中盤まではトップを走っていたがまたもや江藤に逆転を許し2位だったが、2年連続のリーグMVPに選ばれた。そして巨人は2年ぶりにリーグ優勝と日本シリーズ優勝を飾ったが、この年から1973年まで九連覇を実現する。
 
{{by|1966年}}、{{by|1967年}}はともに97試合で40号に到達するハイペースの本塁打量産を見せたが({{by|1985年}}に[[ランディ・バース]]がタイ記録を作ったが、現在も40号到達最速記録)、いずれもシーズン終盤にペースが落ち、記録更新には届かなかった。しかも長嶋が1966年のシーズンは絶好調で打率で首位を走り、リーグMVPに選ばれた。一方の王はこのシーズン中盤で落ちてしまった。1967年は打率トップで終盤まできたが、中日の[[中暁生]]にまたもや逆転を許してしまった。
 
==== 1968年~1970年(ライバル対決) ====
{{by|1968年}}9月17日の対阪神戦([[阪神甲子園球場]])にて、プロ2年目の[[江夏豊]]に[[稲尾和久]]と並ぶシーズン353奪三振目を喫する。江夏はそこからわざと8人から三振を奪わず、再び王から新記録となる354個目の三振を奪って見せた。王はわざと三振を取らずに一巡させたことについては「俺はこれ(眉に唾をつける動作をしながら)だと思う」と懐疑的だが、江夏との対戦については「三振を恐れるようなスイングだけは絶対にしたくなかった。それに中途半端なスイングじゃ江夏の球は打てないしね」と常に全力で対決に臨んだことを証言している。王が最も三振を奪われた投手は最大のライバル江夏からであるが、その江夏が最も本塁打を打たれた打者は王である。そして約250回の対戦で死球は只の1回だけであり、関係者から指摘されるまで、お互いに死球はゼロだと思っていた。王は江夏について「『こいつは絶対に抑えてやる』『こいつから絶対に打ってやる』とお互いに強い意識を持った相手という意味で最高のライバルだったんじゃないかな」と語っている。
 
翌9月18日の対阪神戦では、[[ジーン・バッキー]]から[[死球#危険球|危険球]]を投げつけられ、バットを持ってバッキーの元に詰め寄った。この時、王は第1打席でバッキーから死球を受けていた。第2打席は三振に倒れていたが、4回バッキーが巨人打線に捕まり、失策や3連打などを浴びており、長嶋も「バッキー、やばいぞ」とささやいてたところで迎えた第3打席、初球が頭付近への危ない投球となり、捕手の[[辻佳紀]]に「今度(危険球が)来たらもう我慢できんぞ」と言っていたところに2球目も腰の付近に来たというものであった(ただし王自身はバッキーとは仲は良く、「おいおい」とたしなめる程度のつもりであったという)。その後、荒川コーチがバッキーと乱闘して2人が退場となった。更に交代した[[権藤正利]]の投球が王の頭を直撃。その後、同僚の長嶋が権藤からレフトスタンドに3ランを叩き込み、事実上の報復を果たした。王も頭部陥没骨折の重傷を負っていたが、[[接骨医]]の懸命の治療で大事には至らず、2試合欠場しただけで復帰し、復帰した試合では2本の本塁打を放っている。また、同事件で荒川と乱闘を演じたバッキーは指を骨折し、投手生命を絶たれる原因となった。
 
なお、王は{{by|1965年}}4月12日の対中日戦(後楽園球場)で中日の[[柿本実]]の長嶋への危険球を発端とする乱闘(この乱闘で金田が柿本に足蹴りを見舞い、退場となっている)でも、乱闘には参加せずベンチで独り手を洗い水を飲んでいたという逸話があるほど争いを好まず、乱闘の口火を切ったのはこのバッキーとの諍いが唯一である。
ますます一本足打法に磨きがかかり、打撃の確実性が増した王は1968年に初の首位打者を獲得。以後、{{by|1970年}}まで3年連続首位打者を獲得した。いずれも本塁打王との二冠だったが、打点王は3年連続で長嶋に阻まれ、三冠王には届かなかった。しかし1969年、1970年は再び2年連続でMVPに選ばれた。この時点でMVP獲得5回となり、4回の長嶋を上回った。
 
==== 1971年~1974年(スランプ、そして三冠王) ====
しかし{{by|1971年}}シーズン後半、深刻なスランプに見舞われた。打席に立つのが「怖かった」と振り返る程の不振で、3年連続首位打者だった打率は.276まで降下、本塁打も39本に終わり、8年続けていた40本にはわずか1本届かなかった。タイトルは10年連続の本塁打王を守り、打点王も奪還したが、6度目の首位打者となった長嶋にMVPは譲った。
 
しかし、当時の巨人は僅差の試合に非常に弱く、いかに王が怪物的な打棒を振るおうとも、チームの優勝争いでは苦戦を強いられていた。結果として、1973年には辛うじてシーズン最終戦で[[セントラル・リーグ|セ・リーグ]]優勝を決め、[[1973年の日本シリーズ|日本シリーズ]]でも優勝したものの、1974年には[[中日ドラゴンズ|中日]]にセ・リーグ10連覇を阻まれたが王は2年連続でMVPに選ばれた。
 
==== 1975年~1976年(本塁打記録への挑戦) ====
王の通算本塁打が600本を越えた頃から、王の記録が[[メジャーリーグベースボール|メジャーリーグ]]の記録に迫るものであることが認知され始めた。折りしも1974年、[[ハンク・アーロン]]が[[ベーブ・ルース]]を抜く715号を記録したことで日米ともに本塁打記録への興味が高まっていた頃であり、巨人の看板選手であった長嶋が引退したことも相まって、野球ファンの注目は王の記録に集まり始めた。そのような中での{{by|1975年}}、キャンプ中に足を故障したことの影響で大きく出遅れ、さらには長嶋の引退でさらに王に他球団のマークが集中したことで、打率.285、33本塁打、96打点に終わり、打点王こそ守ったもののこの1冠のみに終わり、13年守り続けた本塁打王の座を阪神の[[田淵幸一]]に明け渡すこととなった。この時点で王は35歳であり、限界説もささやかれた。引退した長嶋の後継として期待された[[デーブ・ジョンソン]]が大不振で、他の主力選手もそろって不振に陥り、巨人は球団創設以来初の最下位となった。
 
同年、アーロンが引退。王の目標はアーロンの記録である755本に定まった。
 
==== 1977年(756号本塁打) ====
新記録の756号まであと40本で迎えた{{by|1977年}}、マスコミやファンの興味が王の「世界新記録」に集まる中、4月2日開幕戦(対中日、後楽園球場、通算2323試合目)の3回裏二死での第2打席に[[松本幸行]]の2球目真ん中低めのカーブを打って通算14本目の満塁本塁打を放ち好調なスタートを切ったかに見えたが、その後はなかなか打球が上がらず、4月は打率こそ.350台をキープしていたものの月間わずか4本塁打に終わる。続く5月は極度の不振に陥り、打率ベストテンからも名前が消えるほどになった。本塁打争いも好調なスタートを切った[[田代富雄]]、[[ハル・ブリーデン]]、[[山本浩二]]らに大きく差をつけられ、本人の口からも「アーロンの姿が見えたかと思ったら霞んでいく」と弱気な発言が出るほどだった。
 
記録への挑戦が続いた1976年・1977年の2年はそれぞれ49本・50本で再び2年連続の本塁打王に返り咲き、123打点、124打点(王の個人ベスト)で2年連続打点王と二冠、4度目の2年連続シーズンMVPに選ばれた。4度の2年連続MVP、9度のMVP選出は現在もプロ野球記録である。
 
==== 1978年~1980年(現役末期) ====
{{by|1978年}}、8月30日の大洋23回戦で6回裏に34号本塁打を打ち、プロ野球史上初の通算800号を達成<ref>読売新聞1978年8月31日1面「王、栄光の800号」読売新聞縮刷版1978年8月p1017</ref>。9月22日の対中日24回戦で8回表に38号本塁打を打ち、プロ野球史上初の2000打点を記録<ref>読売新聞1979年9月23日17面「王38号、史上初の2000打点 だが巨人、中日に不覚」読売新聞縮刷版1978年9月p839</ref>。8年連続となる打点王を確保するが、本塁打は39本に終わり、本塁打王のタイトルは44本塁打の[[山本浩二]]に明け渡した。
 
だが、結果的にはこの試合の本塁打が現役最後の本塁打となった。
 
=== 突然の引退と助監督就任 ===
10月21日、巨人は監督の[[長島茂雄]]が辞任し、新監督に[[藤田元司]]が就任すると発表。22日、藤田はコーチングスタッフの編成に当たり「気心の知れた巨人OBで」との方針を打ち出す<ref>読売新聞1980年10月23日17面「"藤田巨人"早くも始動 中村(一軍ピッチング) 国松(二軍監督)氏入閣へ」読売新聞縮刷版1980年10月p901 </ref>。王に対しては選手兼任での助監督を構想。25日、NHKにて会談し就任を要請。王は「二十二年間ユニフォームを着た巨人が新たなスタートを切ったのだから、いかに巨人を強くするか、協力させてもらいます」と就任を承諾<ref>読売新聞1980年10月26日17面「王『助監督』を快諾」読売新聞縮刷版1980年10月p1038</ref>。王は22日、[[フジテレビ]]にて[[ジャック・ニクラス]]との対談の番組収録を終えた後記者会見し、「来季も現役でやりたという気持ちは、現時点でいえば十分」と現役続行を明言していた<ref>読売新聞1980年10月23日17面「"来年も現役で"王、重ねて強調」読売新聞縮刷版1980年10月p901 </ref>。
 
ところが、11月4日、[[現役引退]]と助監督就任を発表。引退した理由を訊かれ、「口はばったい言い方だが、王貞治としてのバッティングができなくなったからです」と答えた。王は引退を決意した瞬間について、「その年(1980年)の後楽園球場での中日との試合で、先発した[[戸田善紀|戸田(善紀)]] 君の球がものすごく速く見えた。前の自分なら打てるはずの球が打てなくなったので、『ああ、俺ももう御仕舞いかなあ…』と思ったんだよ」と語った。公式戦の最中、試合中に[[近藤唯之]]ほか複数の記者から王が当時流行していた[[ルービック・キューブ]]を回す姿を目撃しており、近藤はこの王の姿を見て「王はもう燃え尽きたんだ」と思ったという。また、王は「本当は1000本打つまで現役やりたかった。756号を境に周囲の目、環境、生活が一変してしまった。アーロンが755本で終わらずに900本も打ってくれていればなぁ」とも語っている<ref>近藤唯之『引退 そのドラマ』[[新潮文庫]]</ref>。
翌{{by|1988年}}、この年から東京ドームが本拠地になる。クロマティ・吉村・前年MVPの山倉などのケガによるリタイア、江川引退からくる投手陣の衰えから優勝した中日に12ゲーム差をつけられ2位に終わる。監督業5年間で、リーグ優勝1回を含むAクラスを保持<ref group="注釈">戦後から2015年まで(水原監督から第二次原監督まで)でBクラス経験が一度もない巨人軍監督は、水原と王の2人だけである。</ref>したもののフロントから責任を問われる形で9月29日に辞任(事実上の解任)が発表され、藤田が再度バトンを受け継いだ。背番号1は選手時代の功績が讃えられて巨人の永久欠番([[野球界の永久欠番]]参照)に指定された。
 
監督退任後は[[日本放送協会|NHK]][[野球解説者]]を務めた。西武、ヤクルト、日本ハム、横浜など複数の球団から監督就任を打診されながら[[世界少年野球推進財団]]の仕事を理由に断っていた<ref>[[安枝新俉]]、人間・'''王貞治'''―89野球魂(学研新書)、[[学習研究社]]、2009年、P21</ref><ref>[https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2016/09/26/___split_115/index_3.php ホークスを最強軍団に変える。根本陸夫が果たした最後の仕事]</ref>。
 
==== ダイエー・ソフトバンク監督時代 ====
 
=== 監督退任後 ===
監督退任後、2008年10月8日ソフトバンク球団取締役最高顧問に就任、2009年1月1日から球団取締役会長に役職変更。[[2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表]]では日本代表監督相談役を務めた。[[松田宣浩]]が開幕戦で右手中指を骨折し全治2カ月と診断され、チーム編成を再考することを余儀なくされた。そこで球団会長の王が「開幕ロースター漏れの選手よりも、日本球界が分かっている外国人選手のほうがいい」と提言しメキシコリーグでプレーしていた[[ホセ・オーティズ]]の獲得が決まった<ref>[http://number.bunshun.jp/npb/column/view/3849/ 再来日の覚悟が見えたオーティズの箸使い。]</ref>。オーティズはシーズン途中の加入ながら打率.282・20本塁打・74打点と結果を残した。
</ref>。オーティズはシーズン途中の加入ながら打率.282・20本塁打・74打点と結果を残した。
 
2008年12月7日には長嶋茂雄の後任として読売巨人軍OB会の会長に選出され、2009年12月13日には金田正一の後任として名球会の会長に選出された。
また指導者としての初期は、[[駒田徳広]]や[[稲垣秀次]]などに、自身の一本足打法の習得を薦め、師匠の荒川博に指導を託したことがあった。特に体も大きく、21歳のシーズンに12本塁打を記録した駒田には大いに期待をかけたが、駒田には明らかに一本足打法が合わず成績を下げ、また王の求める高いレベルの要求がプレッシャーとなり、半ば逃げ出すように一本足打法の習得をあきらめてしまった。また、稲垣も一度も一軍に上がれず、結果を残せなかった。それ以後、王は自身の打法を選手に押し付けることをやめ、選手にあった指導をするようになった。
 
川上哲治を最高の監督と評しており、「プロ野球人の心構えを教えていただいた。9連覇は川上監督でなければなし得なかったと言い切れます。勝利への執念の結晶。笑顔の川上さんの写真を見て、いかに偉大だったか知りました」と述べた<ref>[http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/12/03/kiji/K20131203007127160.html 川上哲治氏お別れの会 王氏、教わった「野球人の心構え」]</ref>。川上から勝利への執念を学び、自らの監督時代に、「一番勝ちたいのは俺なんだ」という[[川上哲治]]の言葉をよく使ったという<ref>WiLL2013年2月号 王貞治新春対談</ref>。
 
[[電話]]好きとして有名で、1981年オフのドラフトで優勝校の[[PL学園中学校・高等学校|PL学園]]の選手だった[[吉村禎章]]に対して意欲的に電話をかけ「'''テレフォンラブコール'''」による入団交渉をして、吉村はドラフト3位で巨人に入団した。またダイエー監督時代も、[[尾花高夫]]を一軍投手コーチとして招聘する際には自ら尾花の自宅に直接電話をして口説き落としている<ref group="注釈">その際、自分のもとに王から直接電話が来るはずないと思っていた尾花から「'''王さんですか?失礼ですがそのような方に心当たりないのですが、どちらにお掛けですか'''」と訊き返し、それに対して王が「'''福岡ダイエーホークスの監督を務める王貞治と申します'''」と丁寧に返答したため、尾花が一転して直立不動になってしまったという逸話がある(詳細は[[尾花高夫|尾花の項]]を参照)。</ref>。
原辰徳が読売ジャイアンツの監督に再任した年の秋季キャンプ時、生放送のテレビ番組のインタビューで巨人原監督の話題の時、エールとして「ジャイアンツの監督なんてなりたくてなってる人間なんかいないんだから、のびのびやればいい」と送っている。
 
== 人物 ==
=== 人柄・性格 ===
真摯で誠実な人柄で知られ、夫人の葬儀に参列した全ての人物に直接電話し感謝の言葉を述べたという。葬儀に参列した[[金村義明]]の談として、『まさか自分のところに王本人から電話がかかってくるとは思わずにいた。が、不在中に王からかかってきた電話に出た三男(当時3歳)が「'''ママ、“ダイエーのおう”から電話!!'''」と受話器を塞がず大声で取り次いだため、妻が電話口で平謝りした』というエピソードを披露している。
 
=== 交友関係 ===
野球界以外にも広い人脈を持ち、歌手の[[美空ひばり]]とは「義姉弟」(王の本人談)という程、肝胆相照らす仲であった。ひばりが亡くなっ死去した1989年6月24日、王は台湾に出掛けており、その日の夕方に[[成田国際空港|新東京国際空港]]へ帰日した際、報道陣からひばりさん亡くなられま死去したよ」ことを聞く告げられて「それは本当か」と言って絶句した。7月に行われた本葬では、王が弔辞を読んでいる。
 
[[大相撲]]の[[横綱]]・[[大鵬幸喜]]とは同じ1940年の5月生まれ(誕生日が9日王が早い)であり、巨人軍球団指定接骨師だった[[吉田増蔵 (柔道整復師)|吉田増蔵]]<ref>「"最強の阪神"を粉砕した陰の男 吉田増蔵の伝説をたずねて」文藝春秋 Number129 86頁参照</ref>が経営していた吉田接骨院の患者同士で知り合って以来、長年に亘り親交が深く<ref>[http://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/p-sp-tp3-20130120-1074305.html 王さん悼む「技極めた人」] 日刊スポーツ 2013年1月20日閲覧</ref>、休日に二人で夜通し酒を飲み明かしたこともある<ref>[http://www.jiji.com/jc/v?p=sumo-syugou_005a 大相撲酒豪番付2014年東銀座場所] 時事ドットコム</ref>。大鵬の通夜で、王が弔辞を読んでいる<ref>[http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/01/31/kiji/K20130131005095650.html 大鵬さん通夜で別れの言葉 王さん悲痛「天は無情です」] スポーツニッポン 2013年1月31日閲覧</ref>。
|-
!colspan="3"|通算:19年
|2507||1315||1118||74||.540||colspan="5" style="text-align:center;"|Aクラス15回、Bクラス4回
|}
* ダイエー(福岡ダイエーホークス)は、2005年にソフトバンク(福岡ソフトバンクホークス)に球団名を変更
* [[ゆうもあ大賞]](2018年)
 
;
* 2004年、母校である早稲田実業学校に、「王貞治記念グラウンド」が竣工される<ref>[http://www.hasetai.com/archive/?p=429 早稲田大学系属 早稲田実業学校 王貞治記念グラウンド 新設]{{リンク切れ|date=2017年10月}}</ref>。
* [[王貞治 (小惑星)]]
* [[後楽園球場]]で現役引退翌年の1981年から閉場の1987年まで背番号に因んで、1番ゲートは「王ゲート」と称されて、レリーフが飾られた。閉場後はいったん姿を消すが、1998年に[[東京ドーム]]が開場10周年を迎えたことで再度、1番ゲートが前述と同様に称されて飾られている。
 
== 記録 ==
* 100犠飛:1980年10月10日、対中日ドラゴンズ26回戦(ナゴヤ球場)、6回表に[[佐藤政夫]]から ※史上2人目
 
; 節目の本塁打記録
{|class="wikitable"
!号数!!記録日!!対戦カード!!球場!!回!!投手!!結果!!備考
=== レギュラーシーズン ===
* [[三冠 (野球)|三冠王]]:2回(1973年 - 1974年)※史上3人目、2年連続は連続記録として最多タイ
* 通算出場試合: 2831(歴代3位、セ・リーグ歴代2位、同一球団での通算出場試合数としては歴代1位)※[[2013年]]に[[谷繁元信]]に更新されるまでセ・リーグ記録だった
* 通算打席: 11866(歴代2位、セ・リーグ記録)
* [[サイクル安打|サイクルヒット]]: 1963年4月25日、対阪神タイガース6回戦(後楽園球場)※史上22人目
* シーズン最多四死球: 166個(1974年、日本記録)
* 連続試合四球: 18(1970年、日本記録タイ)
* シーズン100四球以上: 16年連続16回(1964 - 1978年、日本記録)
 
通算[[四球]]は2390個は2位の[[落合博満]]の1475個に1000個近くの差をつけて堂々の1位。王の引退当時は本塁打数とともに四球数もメジャーリーグの記録([[ベーブ・ルース]]、2062)を上回っていた(現在は[[バリー・ボンズ]]が更新)。
王本人は「バッティングに比べたら守備は気を抜いていた」と語っているが、実際にはプロ入り2年目でアメリカ製のファーストミットを取り入れるなど守備にも力を入れており、打撃とともにその守備力も高く評価されていた。特にショートバウンドの処理、[[犠牲バント|バント]]処理が抜群で、1972年から制定された[[ゴールデングラブ賞|ダイヤモンドグラブ賞]]に、1980年に現役引退するまで毎年選出されている。一塁手としての9年連続受賞は現在も歴代1位。一塁手としての9回の受賞も1999年に[[駒田徳広]]に抜かれるまで1位だった。現在は駒田に次いで歴代2位(2018年度シーズン終了時点)。
 
長年王とともに内野を守った長嶋茂雄は、「一塁手ではワンちゃんが抜群に上手かったですよ。我々内野手はどんな送球でも安心して放れましたから」と振り返っている。特にバント処理に関しては他球団からも警戒されており、監督としても王のいる巨人と対戦した[[吉田義男]]([[阪神タイガース|阪神]])も、「ワンちゃんにあれだけ迫られたらバントが成功する気が全然しない」と語っている。一塁手として、1963年にシーズン守備機会数とシーズン刺殺数のセ・リーグ記録をそれぞれ更新しており(1607守備機会、1521刺殺)、現役最後の1980年にも[[守備機会]]連続無[[失策]]のセ・リーグ記録を更新(991守備機会連続無失策)している。ただし現役生活が長く守備機会が多かったこともあり、一塁手としての通算失策数165も歴代1位である。一塁手として通算2799試合・27743守備機会・25893刺殺・1685補殺・2317併殺を残しており、通算守備記録においても他の一塁手を圧倒している(すべて一塁手プロ野球歴代1位)。
 
ハンク・アーロンの本塁打記録に並んだ1977年8月31日の対[[横浜DeNAベイスターズ|大洋ホエールズ]]戦と、アーロンの記録を塗り替えた9月3日の対ヤクルト戦では、「[[外野]]のファンにお礼がしたいから」と言って、途中から[[右翼手]]として出場している。公式戦で王が外野手として出場したのはこの2試合だけである。
* 『[[喜劇 駅前飯店]]』([[1962年]] [[東宝]])
* 『[[ミスター・ジャイアンツ 勝利の旗]]』([[1964年]] 東宝)
* 『[[喜劇 駅前天神]]』(1964年 東宝)
* 『[[アンコ椿は恋の花]]』([[1965年]] [[松竹]])
* 『[[BIG-1物語 王貞治]]』([[1977年]] [[東映]])
 
=== 音楽 ===
* 「[[白いボール]]」(1965年5月発売。[[本間千代子]]とデュエット)
** 1959年に[[朝日放送ラジオ]]の制作で「ABC子どもの歌」の一曲として録音され、1964年シーズン55本塁打を記念してレコード化された<ref>[http://bookend.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/2-33e2.html 阪田寛夫の周辺について(2)~「ABC子どもの歌」と「白いボール」の時代] 日が暮れてから道は始まる(2011年2月22日)</ref>。オリジナル盤のB面は第三日野小学校児童による「ぼくらのホームラン王」。1977年に「ホームラン世界新記録達成記念盤」として再発されている。このときのB面は藤川純一による読売巨人軍球団歌「闘魂こめて」。また、オムニバスCD『珍品堂 いっ!あの人がこんな歌を』にも収録。
* 「[[六つの星]]」(1976年5月1日発売。メインボーカルは[[細川たかし]])
** [[田淵幸一]]、[[山本浩二]]、[[星野仙一]]、[[平松政次]]、[[松岡弘]]と共にバックコーラスを担当
 
== 関連作品 ==
=== TVドラマ ===
* [[君は海を見たか#日本テレビ版(1970年)|君は海を見たか]] 第5回(1970年、[[日本テレビ放送網|NTV]]) - [[長嶋茂雄]]、[[高橋一三]]とともに特別出演<ref>『[[福島民報]]』1971年6月21日付朝刊、8面。</ref>
* [[アストロ球団 (テレビドラマ)|アストロ球団]] - 王貞治役:[[義田貴士]]
 
* 感恩歲月(原題) - [[台湾映画]]。王貞治役:馬景濤
 
=== 音楽 ===
* [[サウスポー (ピンク・レディーの曲)|サウスポー]](1978年3月25日発売、[[ピンク・レディー]])
** 歌詞の冒頭に出てくる対戦相手は王をイメージしており、全編としてその対戦を(投手側から)歌った内容になっている。