「村橋勝子」の版間の差分

m
全角ダブルクオーテーション → 半角ダブルクオーテーション
(参照文献の情報を追記 #WikiGap)
m (全角ダブルクオーテーション → 半角ダブルクオーテーション)
 
'''村橋 勝子'''(むらはし かつこ)は、[[専門図書館]]司書、[[社史]]研究家<ref name=”johokanri_44”"johokanri_44">{{Cite journal|和書|author =村橋勝子 |year =2001 |month =7 |title =失われたプロ意識を求めて |journal =情報管理 |volume =44 |issue =4 |page =288-290 |doi =10.1241/johokanri.44.288 |naid =130000071501}}</ref><ref>{{Cite web |author=経済産業省 |date=2008 |url=https://www.meti.go.jp/policy/local_economy/nipponsaikoh/pdf/isangun_zoku.pdf |title=近代化産業遺産群 続33 |accessdate=2020-03-03}}</ref>。
 
== 経歴 ==
[[1966年]]に[[経済団体連合会]]事務局に入局し、図書館部調査役、年史グループ長、情報メディアグループ長を歴任し、[[2009年]]に退職する<ref name=”jsla_2019”"jsla_2019">{{Cite web |date=2019|url=https://jsla.or.jp/jsla/wp-content/uploads/20190528_EducationalProgram.pdf|title=専門図書館の仕事コース |publisher=専門図書館協議会|accessdate=2020-03-03}}</ref>。在職中、一貫して図書館運営業務に従事するとともに、[[図書館]]および専門図書館に関わる関連団体、なかでも、[[専門図書館協議会]]の委員や幹事、[[日本図書館協会]]評議員、東京図書館協会理事、[[企業資料協議会]]理事などを務める<ref name=”jsla_2019”"jsla_2019"/>。
 
業務のかたわら、社史調査や社史作成、[[参考調査]]に関わる論文や書籍などを執筆する。
 
1998年に第7回女性のための研究奨励賞<ref name=”johokanri_44”"johokanri_44"/>、2004年に第6回図書館サポートフォーラム賞<ref>{{cite web|title=村橋勝子と「社史」の研究|url=http://www.nichigai.co.jp/lib_support/lsf_award/06/murahashi.html|website=図書館サポートフォーラム|date=2004|accessdate=2020-03-03}}</ref>をそれぞれ受賞。
 
== 著作 ==