「輪舞」の版間の差分

m
全角ダブルクオーテーション → 半角ダブルクオーテーション
(Otheruses修正)
m (全角ダブルクオーテーション → 半角ダブルクオーテーション)
 
|初出 = 自費出版 [[1900年]]
|刊行 = ウィーン書房(Wiener Verlag) [[1903年]]
|収録 =
|初演 = [[1920年]]12月23日 ベルリン小劇場
|受賞 =
『'''輪舞'''』(りんぶ、[[ドイツ語|独]]:''Reigen'')は、[[アルトゥル・シュニッツラー]]の[[戯曲]]。[[1900年]]に自費出版され、[[1920年]]12月23日、ベルリン小劇場にて初演された。ウィーンを舞台に、それぞれ2人の男女の情事前の会話劇が中心となる10景からなる。はじめは娼婦と兵卒、次の景はその兵卒と女中、次はその女中と若旦那、若旦那と若奥様、若奥様と夫、夫とおぼこ娘、おぼこ娘と詩人、詩人と女優、女優と伯爵…というふうに、相手が順繰りに入れ替わってゆき、最後に伯爵と最初に出てきた娼婦との組み合わせになって『輪舞』が完成するという構成。また景同士の間には情事をあらわす中断が入る。
 
シュニッツラーは[[1896年]]11月からこの戯曲を執筆し[[1897年]]2月に完成させていたが<ref name=”aizawa”"aizawa">{{Harvnb|相澤|2007}}</ref>、当時の性道徳や階級理念に露骨に反した内容のために上演も出版も諦め、友人らとの私的な集まりでの朗読にとどめていた<ref name=”aizawa”"aizawa"/>。そしてその原稿を[[1900年]]に200部だけ自費出版本で発行し知人らに贈り物として配っていたが、その後に作品の評判が高まり、[[1903年]]にウィーン書房から公刊される運びとなった<ref name=”aizawa”"aizawa"/>。[[第一次世界大戦]]後に検閲がなくなったため上演が可能になったが、その際にも上演をめぐって法廷論争を引き起こしている。前評判は高かったが、初日を前にしてベルリン地方裁判所が、劇場の貸主である音楽学校校長からの上演禁止要請を認めて仮処分を下した<ref name="mori"/>。興行主である女優のアイソルトは裁判所検事立ち合いのもと上演を強行、アイソルトは裁判所に呼び出され、学者や演劇人、文化人らが鑑定人として意見を述べる騒ぎとなった<ref name="mori">『行動する異端: 秦豊吉と丸木砂土』森彰英、ティビーエスブリタニカ, 1998、p74</ref>。ウィーンでは上演を巡って、議会で賛成派の社会党と反対派のキリスト教共和党とで応酬が繰り広げられ、ベルリンではドイツ国民防衛協会と真国民軍人同盟が上演妨害の騒ぎを起こした<ref name="mori"/>。当時、[[三菱商事]]社員としてベルリンに駐在中だった[[秦豊吉]]はこの事件を『「輪舞」騒動記』という一文に認め、日本で発表した<ref name="mori"/>。
 
また、[[1950年]]に[[マックス・オフュルス]]監督により映画化([[輪舞 (1950年の映画)]])、その後も[[ロジェ・ヴァディム]]監督([[輪舞 (1964年の映画)]])、[[オットー・シェンク]]監督([[輪舞 (1973年の映画)]])でそれぞれ映画化されている。
 
== 参考文献 ==
* シュニッツラー 『輪舞』 中村政雄訳、岩波文庫、1987年
* 岩淵達治編 『現代演劇101物語』 新書館、1996年、96-97頁
* {{Citation|和書|author=[[相澤正己]]|date=2007 |title=シュニッツラーの私家版『輪舞』-公刊版との比較(1) |journal=人文論集 |issue=|volume=46|pages=1-22|publisher=早稲田大学法学会 |naid=120002188129|ref={{Harvid|相澤|2007}}}}
 
{{lit-stub}}
{{Theat-stub}}
 
{{DEFAULTSORT:りんふ}}
[[Category:オーストリアの文学作品]]