「静かなドン」の版間の差分

内容として不適切な部分を削除。
(この記事全体に出典が無いのですから、「出典の明記」は冒頭に置くのが普通です)
(内容として不適切な部分を削除。)
{{出典の明記|date=2019年5月}}
『'''静かなドン'''』(しずかなドン、{{lang-ru|Тихий Дон}})は、[[ロシア]]の小説家、[[ミハイル・ショーロホフ]]の大河[[小説]]。『'''静かなるドン'''』とも。1926年から1940年の15年間にわたって発表された。[[第一次世界大戦]]・[[ロシア革命]]に翻弄された[[黒海]]沿岸の[[ドン]]地方に生きる[[コサック]]達の、力強くも物悲しい生きざまを描いている。1965年のショーロホフの[[ノーベル文学賞]]受賞ではこの作品の評価が大きく影響している。
 
日本語における題名は、文語で『'''静かなるドン'''』とも書かれる。なお、新田たつおの漫画『[[静かなるドン]]』はタイトルこそ本作を意識しているものの、内容・テーマともに本作とは何の関係もない。これは、[[小林信彦]]の『唐獅子シリーズ』で最初に使われたギャグからきたものといわれている。
 
[[ヨシフ・スターリン|スターリン]]の愛読書だったといわれる。