「東京メトロポリタンテレビジョン」の版間の差分

近年では[[三大都市圏|東名阪]]の独立局を中心に放送されている[[テレビアニメ|アニメ番組]]群(いわゆる[[UHFアニメ|独立局アニメ・UHFアニメ]])も積極的に放送している。
 
当初は上記の理由から実質視聴世帯が少なかった事もあり、近隣の独立局に比べて番組数は少なく、本数も時期によりばらつきがあった。しかし地上デジタル放送が普及し出した2006年以降は[[日本テレビ放送網|日本テレビ]]出身のプロデューサー(当時)が「アニメを放送すれば勝てる」と発案した事が発端となって<ref name="otapol">[http://otapol.jp/2015/12/post-5150.html 今年も来年もアニメはMX! 今年もアニメ攻勢がすごいTOKYO MXの年末年始特番、そして2016年について聞いてみた!!] [[おたぽる]] 2015年12月28日、2016年1月6日閲覧。</ref>、次第に増加傾向にあり、東京スカイツリーに送信所を移転した2012年10月以降、関東地方における独立局アニメは本局独占放送の作品が主流となった。日によっては2 - 3時間にわたってアニメ番組が続く(土曜は情報系番組含めると4時間連続)。『[[大図書館の羊飼い#テレビアニメ|大図書館の羊飼い]]』、『[[つぐもも#テレビアニメ|つぐもも]]』(第1期のみ)など、全国の地上波では本局が独占放送するアニメもあり、かつてUHFアニメの雄として西の[[サンテレビ]]と並び称される程であった[[テレビ神奈川]]を完全に追い抜いている。
 
また、早朝(S2・092チャンネルの朝6時台)と夕方(16時台以降)には主に番組販売を通じて購入した旧作を日替わりで編成。さらに、全国ネットの民放では全廃された[[プライムタイム]](主に夜の19時台や22時台)での放送を行っており、2000年以降に放送されたUHFアニメやキー局・[[WOWOW]]・[[専門チャンネル]]が制作に関与した作品の(実質)再放送も行っている<ref group="注釈">特に2005年頃から増加しており、2007年1月からはキー局や[[MBSテレビ|毎日放送]](MBS)、およびWOWOWで放送完了後1年も満たない番組を次々と再放送(もしくは地上波初放送)している(主に[[アニプレックス]]・[[エイベックス・グループ|エイベックス]]・[[バップ]]の関与する作品群)。2007年4月より放送を開始した『[[天保異聞 妖奇士]]』(MBS制作)に至っては、一週間前まで[[全国ネット]]で放送されたばかりの中での再放送となった。</ref><ref group="注釈">2007年10月からは、[[ポニーキャニオン]](同社がかつて展開していた[[m.o.e.]]レーベルのものを含む)が制作した作品から一部の回を抜粋し、「セレクション」形式で放送していたこともある(『[[ああっ女神さまっ#ああっ女神さまっ 小っちゃいって事は便利だねっ|ああっ女神さまっ 小っちゃいって事は便利だねっ]]』、『[[UG☆アルティメットガール]]・決笑選』、『[[SDガンダムフォース]]』)。</ref>。
匿名利用者