「日琉語族」の版間の差分

(下位言語の系統について)
タグ: ビジュアルエディター Refタグつき記述の除去
 
== 下位言語 ==
=== 半島ジャポニック(Peninsula Japonic) ===
半島ジャポニック(Peninsula Japonic)は、[[三国史記]]などの朝鮮半島資料から存在が示唆される、古代朝鮮半島に存在した日琉系の言語。分類については諸説あり、定説はないが、[[クリストファ・ベックウィズ]]による『高句麗語』などは、その論拠が薄弱であり現在は支持されていない。<ref>{{Cite journal|last=Vovin|first=Alexander|title=Origins of the Japanese Language|url=https://www.academia.edu/35280086/Origins_of_the_Japanese_Language|language=en}}</ref><ref>{{Cite journal|author=Thomas Pellard|year=2005|title=Review: Christopher I. Beckwith (2004) Koguryo, the Language of Japan's Continental Relatives: An Introduction to the Historical-Comparative Study of the Japanese-Koguryoic Languages with a Preliminary Description of Archaic Northeastern Middle Chinese|journal=Korean Studies|volume=20|page=}}</ref>
 
・『[[高句麗語|偽高句麗語]](Pseudo-Koguryǒ)』
 
・『[[新羅語|新羅のジャポニック]](Silla Japonic)』
 
=== 島嶼部ジャポニック(Insular Japonic) ===
[[日琉祖語]]はまず日本本土と琉球諸島の2つの語派に分かれたと考えられるが、八丈語の歴史的位置は不明である<ref>木部暢子編(2019)『明解方言学辞典』三省堂、p.113</ref>。以下の区分も、細部は諸説ある。