「アメリカン・ウェイ」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
 
著者のウィリアム・ヘルバーグは以下のように定義する: <ref>Herberg (1955), p. 79</ref>
{{quote|The American Way of life is individualistic, dynamic, and pragmatic. It affirms the supreme value and dignity of the individual; it stresses incessant activity on his part, for he is never to rest but is always to be striving to "get ahead"; it defines an ethic of self-reliance, merit, and character, and judges by achievement: "deeds, not creeds" are what count. The "American Way of Life" is humanitarian, "forward-looking", optimistic. Americans are easily the most generous and philanthropic people in the world, in terms of their ready and unstinting response to suffering anywhere on the globe. The American believes in progress, in self-improvement, and quite fanatically in education. But above all, the American is idealistic. Americans cannot go on making money or achieving worldly success simply on its own merits; such "materialistic" things must, in the American mind, be justified in "higher" terms, in terms of "service" or "stewardship" or "general welfare"... And because they are so idealistic, Americans tend to be moralistic; they are inclined to see all issues as plain and simple, black and white, issues of morality.|William Herberg|''Protestant, Catholic, Jew: an Essay in American religious sociology''}}
 
 
アメリカン・ウェイは、個性的で、ダイナミックで、実用的だ。個人の最高の価値と尊厳を保証する。彼の側で絶え間ない活動を強調します、なぜなら彼は休むことは決してないが、常に「先を行く」ために努力することであるからだ。それは自立、功績、人格の倫理を定義し、達成によって判断します:「信条ではなく、行為」が重要だ。「アメリカンウェイオブライフ」は人道主義的で、「前向き」で、楽観的だ。[[アメリカ人]]は、地球上のどこにでも苦しむことの準備ができ、本能的ではない対応という点で、世界で最も寛大で慈善的な人々だ。アメリカ人は進歩、自己啓発、そして熱狂的に教育を信じている。しかし何よりも、アメリカ人は理想主義的だ。アメリカ人は自分の利益だけでお金を稼いだり、世界的な成功を収めることはできない。そのような「唯物論的」なことは、アメリカの心では、「より高い」、「奉仕」、「管理」、または「一般福祉」の観点から正当化されなければならない...そして、それらは非常に理想主義的であるため、アメリカ人は道徳的である傾向があります;彼らはすべての問題を明白で単純な、白黒の問題として見る傾向がある。
|William Herberg|''Protestant, Catholic, Jew: an Essay in American religious sociology''}}
{{see|個人主義|尊厳|博愛主義|自己啓発|物質主義|公共の福祉|倫理学|白黒思考}}
ある評論家は、「ヘルベルグの声明の前半は、それを最初に策定してから半世紀近くもまだ当てはまる」と述べている。」 <ref>{{Cite book|title=Flannery O'Connor and the Christ-haunted South|first=Ralph C|last=Wood|publisher=Wm. B. Eerdmans Publishing|year=2004|page=21}}</ref>