「トヨタ・カローラツーリング」の版間の差分

ニュージーランドの項目追加
(ニュージーランドの項目追加)
'''カローラ ツーリング'''(''COROLLA TOURING'')は、[[トヨタ自動車]]が生産している[[ステーションワゴン]]型の[[乗用車]]である。[[トヨタ・カローラ]]としては12代目のモデルとなる。
 
本項では、[[プラットフォーム]]と[[デザイン]]の一部を共有したステーションワゴンタイプの[[ヨーロッパ]]諸国向け仕様「'''カローラ ツーリングスポーツ'''」(''COROLLA TOURING SPORTS'')についても便宜上、詳述する。なおこの代のカローラのステーションワゴンタイプは、日本、[[ニュージーランド]]、欧州のみでの発売となる。
 
== 歴史(日本仕様) ==
: 外観はフロントフェイスにおいて大型台形のロアグリルフレームとメッシュグリルに統一され、[[前照灯|ヘッドランプ]]は光源を[[発光ダイオード|LED]]化してラウンドを強めた一文字形状とした。また、立体的な造形を実現するため、バックドアは[[合成樹脂|樹脂]]製となった。ボディカラーは「G-X」系グレードと「S」系グレードは新規開発色の「セレスタイトグレーメタリック」を含む7色展開、「W×B」系グレードは新規設定色の「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」を含む3色展開としている。内装は[[ダッシュボード (自動車)|インストルメントパネル]]が薄型・ワイド化され、A[[ピラー]]は細形化された。荷室にはリバーシブルデッキボードが設定されており、上段にセットして後席を倒すとフラットなスペースが、下段にセットすると背が高い荷物の積載が可能な2段式{{efn|ただし、[[ハイブリッド]][[四輪駆動|4WD]]車や[[スペアタイヤ]]・アクセサリーコンセント装着車は1段式。}}とし、裏面はタフユースに対応した樹脂とした。
: パワートレインは全面刷新され、ガソリン・[[無段変速機|CVT]]車とハイブリッド車は排気量を3代目フィールダーの1.5 Lから1.8 Lにアップし、ガソリン・CVT車は[[バルブマチック]]エンジンの[[トヨタ・ZRエンジン|2ZR-FAE]]型に、ハイブリッド車は[[トヨタ・ZRエンジン|2ZR-FXE]]型にそれぞれ変更。ガソリン・[[マニュアルトランスミッション|MT]]車は反対に[[ダウンサイジングコンセプト|ダウンサイジング]]され、[[トヨタ・カローラスポーツ|カローラスポーツ]]と同じ1.2 L[[ガソリン直噴エンジン|直噴]][[ターボチャージャー|ターボ]]エンジンの[[トヨタ・NRエンジン|8NR-FTS]]型に変更された。また、ハイブリッド車は3代目フィールダーでは設定されなかった[[四輪駆動|4WD]]が新設され、電気式4WDシステム「E-Four」を搭載。ガソリン・MT車はカローラスポーツと同じ「i-MT」となり、6速に多段化された。
: 中間グレードである「S」グレード、上位グレードである「W×B」系グレードでは電動パーキングブレーキ(ブレーキオートホールド機能付き)が装備され、下位グレードの「G-X」グレードではレバー式となっている。
: さらに、日本国内のトヨタ車で初となるディスプレイオーディオが全車標準装備されており、SmartDeviceLink・[[CarPlay|Apple CarPlay]]・[[Android Auto]]に対応して[[スマートフォン]]との連携が可能なほか、エントリーナビキットまたはT-Connectナビキットを選択することで車載用ナビ機能を利用することが可能である。カローラスポーツ同様にDCM(車載通信機)も標準装備されており、コネクティッドサービスの利用も可能である。
: 「W×B」系グレードでは専用装備として、2連続のJ字形状のクリアランスランプ&デイライトが追加され、ホイールやミラーカバーなどにはグレーメタリックが施され、フロントシートにはスポーティシートが採用されている。
: なお、先代モデルであるカローラフィールダーは2019年9月現在、ビジネスユーザー等に特化したグレード体系に刷新の上、併売されている<ref>{{cite web |url=https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49894640X10C19A9L91000/ |title=トヨタ新型カローラ発売、新旧車種併売で販売店を支援 |work=[[日本経済新聞]] |date=2019-09-17 |accessdate=2019-10-04}}</ref>。
:
 
==== 2019年12月 ====
ニュージーランドで「カローラワゴンGX」発売開始。日本の「G-X」グレード相当の単一グレードのみ展開される。ニュージーランドでは日本と同じようにハッチバック、セダン、ステーションワゴンの3タイプ用意されるが、ワゴンのみ日本からの輸出であるため、ハッチバック、セダンは国外仕様の全長・全幅(1790mm)に対し、「カローラワゴンGX」は日本国内仕様と同じ車両サイズとなっている。
 
; 2020年5月1日(補足)