「マナマコ」の版間の差分

m
m (外部リンクの修正 http:// -> https:// (dl.ndl.go.jp) (Botによる編集))
俗に、赤~赤褐色系の休色をもつアカコ(「アカナマコ」・トラコ:以下、「アカ型」と記す)・青緑色を基調とするアオコ(「アオナマコ」:以下、「アオ型」と記す)・黒色の体色を呈するクロコ(「クロナマコ」:以下、「クロ型」と記す)と呼ばれる三つのタイプが区別され、「アカ」型は外洋性の岩礁や磯帯に生息し、一方で「アオ」型と「クロ」型とは、内湾性の砂泥底に棲むとされていた。
 
これらの三型については、骨片の形質の相違をも根拠として ''Stichopus japonicus'' 以外に ''S. armata'' という別種を設ける見解<ref>Selenka, E., 1867. Beitrage zur Anatomie und Systematik der Holothurien. Zeitschrift Wissenschaftliche Zoologie. 17: 291-374.</ref>もあり、あるいは ''S. japonicus'' var. ''typicus'' なる変種が記載<ref>Theel, H., 1886. Report on the Holothurioidea (2). ''in'' Reports of the science research by Challenger, Zoology 14: 161-162. London.</ref>されたり、''S. armatus'' および ''S. roseus'' という二種に区別する意見<ref>Augustin, E., 1908. Über Japanische Seewalzen. Abhandlungen der Mathematische-Physikalischen Klasse der Kunglich Bayerischen Akademie der Wissenschaften Zweiter Supplement Band. II, suppl. 1: 1-45.</ref>も提出されたが、「生息場所の相違と成長段階の違いとによって生じた、同一種内での体色の変異(変種?)であり、異なる色彩は保護色の役割を果たしている」として ''S. japonicus'' に統一されて<ref name=Mitsukuri1>Mitsukuri, K., 1897. "[https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10852799 On Changes which are found with Advancing Age in the Calcareous Deposits of ''Stichopus japonicus'', Selenka.]" Annotationes Zoologicae Japoneses 1: 31-42, {{naid|110003368093}}.</ref><ref name=Mitsukuri2>[http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/handle/2261/32880 Mitsukuri,K., 1912. Studies on Actinopodous Holothurioidea. The Journal of the College of Science, Imperial University of Tokyo, Japan 29: 1-284.]</ref>以来、これを踏襲する形で、体色のなる三つの型は ''Apostichopus japonicus'' (=''Stichopus japonicus'')の色彩変異とみなす考えが採用され、日本周辺海域に生息する「マナマコ」は唯一種であるとされていた<ref>Clark, H. L., 1922. The holothurians of the genus ''Stichopus''. Bulletin of the Museum of Comparative Zoology 65: 39-74.</ref><ref name="Imaoka">今岡亨、1995.棘皮動物門ナマコ綱.''in'' 西村三郎(編著)、1995.原色検索日本海岸動物図鑑(Ⅱ) p. 553-572.保育社.大阪.ISBN 978-4-586-30202-4</ref>。
また、[[シトクロムcオキシダーゼ]]サブユニット1および[[16S rRNA系統解析|16S rRNA]]の解析結果から、これら三型を同一種の変異と結論づける見解が再び提出されている<ref>[https://www.omicsonline.org/open-access/phylogenetic-analysis-of-the-three-color-variations-of-the-sea-cucumber-apostichopus-japonicus-2155-9546-1000418.pdf Jo, J-H., Park, C.-S., Kim, M.-W., and C.-G. Park, 2016. Phylogenetic Analysis of the Three Color Variations of the Sea Cucumber ''Apostichopus japonicus''. Journal of Aquaculture Research and Development 7: 3 (online).]</ref><ref> Zhang, W., Cao, Z.-F., Li, Y., Zhao, H., Huang, J.-J., Liang, Z.-L., and L. Huang, 2015. Taxonomic status of the three color variants in sea cucumber (''Apostichopus japonicus''): evidence from mitochondrial phylogenomic analyses.</ref>。
 
しかし、「アカ」型は、薄桃色または淡赤褐色を地色とし、体背部は赤褐色または暗赤褐色の模様がまだらに配色されており、体腹部は例外なく赤色を呈する。一方で、「アオ」型は一般に暗青緑色を呈しているが、淡青緑色が優るものから黄茶褐色~暗茶褐色の変化がみられ、体腹部も体背部と同様な色調をとる。また「クロ」型は、全身黒色を呈し体色の変異は認め難いとされている<ref name=AkaAoKuro>崔相, 大島泰雄、「[https://doi.org/10.2331/suisan.27.97 ナマコにみられる「アオ」と「アカ」の形態および生態的差異について]」 『日本水産学会誌』 1961年 27巻 2号 p.97-106, {{doi|10.2331/suisan.27.97}}, 日本水産学会<br />[https://doi.org/10.2331/suisan.27.4_364 正誤表、[Correction] NSUGAF Vol.27 No.4 (1961) pp.364-364]</ref>。2年間にわたる飼育結果では、相互の型の間に体色の移行は起こらなかったとの観察例もある<ref name=AkaAoKuro/>。アイソザイムマーカーを用いた集団遺伝学的な検討結果をもとに、マナマコとされている種類は、「アカ」型と「アオ型・クロ型」の体色で区別される、遺伝的に異なった二つの集団から形成されているとの報告もなされている<ref name="Kan-no">Kan-no, M., and A. Kujima, 2003. Genetic differentiation among three color variants of Japanese sea cucumber ''Stichopus japonicus''. Fisheries Science 69 : 806-812.</ref><ref>Kanno M., Suyama Y., Li, Q., and A. Kijima, 2006. Microsatellite Analysis of Japanese Sea Cucumber, ''Stichopus'' (''Apostichopus'') ''japonicus'', Supports Reproductive Isolation in Color Variants. Marine biotechnology 8: 672-685.</ref><ref>菅野愛美, 木島明博、「[https://hdl.handle.net/10097/30872 2003.マナマコの色彩変異に関する研究について : 総説(投稿論文, 研究報告) ] 」 『複合生態フィールド教育研究センター報告』 2003年 19巻 p.33-37, 東北大学大学院農学研究科附属複合生態フィールド教育研究センター</ref><ref> Bing Y, Xiaoli H, Zhenmin B, et al., 2007. Genetic variation in two sea cucumber (''Apostichopus japonicus'') stocks revealed by ISSR markers. Chinese Journal of Oceanol Limnology 25: 91-96.</ref>。さらに外部形態および骨片の形態による分類学的再検討の結果から、狭義のマナマコは「アオ型・クロ型」群であると定義されるとともに''Apostichopus armata'' の学名が当てられた<ref name="KandN">[http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010812316.pdf 倉持卓司, 長沼毅、「[https://doi.org/10.15027/39886 相模湾産マナマコ属の分類学的再検討]」 『生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要』 2010年 49巻 p.49-54, {{doi|10.15027/39886}}, 広島大学大学院生物圏科学研究科</ref>。一方で「アカ」群には ''A. japonicus'' の学名が適用され、新たにアカナマコの和名が提唱された<ref name=KandN/>。
 
[[ミトコンドリアDNA|mtDNA]]の[[マイクロサテライト]]解析の結果からは、「アカ」型・「アオ」型・「クロ」型の三型は少なくとも単系統ではない<ref>Zhang, W., Cao, Z.-F., Li, Y.-C., Zhao, H., Huang, J.-J., Liang, Z.-L., and L. Huang, "[https://doi.org/10.3109/19401736.2015.1022765 Taxonomic status of the three color variants in sea cucumber (''Apostichopus japonicus''): evidence from mitochondrial phylogenomic analyses.]" Mitchondrial DNA Part A DNA Mapping, Sequencing, and Analysis 27: 2330-2333, {{doi|10.3109/19401736.2015.1022765}}.</ref>とされ、中国および韓国産のマナマコを用いた解析でも、「アカ」型と「アオ」型とは独立した分類群とみなすべきであるとの結果<ref>Kang, J.-H., Kim, Y.-K., Kim, M.-J., Park, J.-Y., An, C.-M., Kim, B.-S., Jun, J.-C., and S.-K. Kim, 2011. Genetic Differentiation among Populations and Color Variants of Sea Cucumbers (''Stichopus Japonicus'') from Korea and China. International Journal of Biological Sciences 7: 323-332, {{doi|10.7150/ijbs.7.323}}, PMID 21494429</ref>が報じられている。
日本国内でのマナマコの食習慣は、ほとんどが生食用途に限られており<ref>赤嶺淳、「{{PDFlink|[https://balat.jp/pdf/Akamine_2005c.pdf 資源管理は地域から-地域環境主義のすすめ]}}」『日本熱帯生態学会ニューズレター』 2005年 58号 p.1-7</ref>、例外的に岡山県[[頭島]]などにおいて、そぎ切りにしたマナマコを沸騰した湯に通した後に「なます」とし、好みですりおろした山芋をかけ回す調理法(「ふくらぎ」と称される)が伝えられている程度である<ref>野村祐三、2002.旬のうまい魚を知る本.232 pp. 東京書籍、東京.ISBN 978-4-487-79777-6.</ref>。ただし、江戸時代末期(享和2年=1802年)に出版された料理書である「料理早指南」には、「吸物 生海鼠 伊豆のり すい口 わさび三 吸物 なまこ 伊豆海苔 吸口山葵 椀にもり銘々出スもよし 又蓋丼にて匕付ても出す」との記述があり、必ずしも生食されるばかりではなかったようである<ref name=Meiji>東四柳祥子、2015.明治期における中国料理の受容.梅花女子大学食文化学部紀要(3): 33-46.</ref>。また、明治40(=1907)年に発行された料理書「日本の家庭に応用したる支那料理法」では、蝦予海参(蝦の子と海参との煮物)と魚丸海参(魚となまことの蒸物)とが取り上げられているという<ref name=Meiji/>。ただし、これらのレシピが当時の日本の家庭でどれほど実践されたかについては不明である。
 
ナマコ類を生食する習慣は日本以外ではむしろまれで、[[ロシア]]の一部と[[朝鮮半島]]とを除けばほとんど例がない<ref name=kenkyuu/>とされており、ナマコ類を食材として愛好し大量に消費する中国でも、いったん茹でた後に乾燥し、これをもどしてから調理するのが常である<ref name=MutsuWan>渋谷長生, 葛西由佳、「[https://hdl.handle.net/10129/5019 ナマコ輸出拡大に伴うナマコ産地・加工業者の対応と課題―青森県陸奥湾を中心として]」 『弘前大学農学生命科学部学術報告』 2011年 13号 p.39-59</ref><ref name="Wang">王慧棽、「[http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/detail.php?koara_id=AN00150430-00000128-0347 ナマコ食文化の変容に関する考察 : 中国・遼東半島の事例を中心に]」『哲學』2012年 128号 p.347-367, 三田哲學會</ref>。
 
太平洋南西部ではナマコ類を trepang と総称して食用に供するが、やはり生食されることはなく、煮物や吸い物あるいは漬物とするという<ref name=Apotosis>Ogushi, M., Yoshie-Stark, Y., and T. Suzuki, 2005. "[https://doi.org/10.3136/fstr.11.202 Cytostatic Activity of Hot Water Extracts from the Sea Cucumber in Caco-2]". Food Science and Technology Research 2005 Volume 11 Issue 2 Pages 202-206, {{doi|10.3136/fstr.11.202}}, 日本食品科学工学会</ref>。
 
北海道では、繊毛虫の一種''Miamiensis avidus'' (マイアミスクーチカセンモウチュウ
<ref>横山博, 長澤和也、「[https[doi://doi.org/10.15027/39933 |養殖魚介類の寄生虫の標準和名目録]]」『生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要』 2014年 53巻 p.73-97, {{naid|40020370299}}, {{doi|10.15027/39933}}, 広島大学大学院生物圏科学研究科</ref>)による養産稚マナマコの減耗発生が確認されている<ref name=Eguchi/>。''M. avidus'' による稚マナマコの減耗は、通常では体長 l.5 mm 未満の飼育初期にみられるが、シオダマリミジンコによる加害などによって稚マナマコの体表が損傷している場合は、体長10 mm に達した個体であっても発症する場合があるという<ref name=Eguchi/>。
 
'M. avidus''は、ヒラメ・[[マダイ]]などの海産魚に発症する'''スクーチカ症'''の[[病原体]]で、ヒラメの稚魚(生体重 8-10 g)に対して濃厚に接種感染させた場合の死亡率は80-100%に達する<ref>Song, J-Y., Kitamura, S., Oh, M.-J., Kang, H.- S., Lee, J.-H., Tanaka, S. J., and S.- J. Jung, 2009. "[https://doi.org/10.3354/dao02017 Pathogenicity of ''Miamiensis avidus'' (syn. ''Philasterides dicentrarchi''), ''Pseudocohnilembus persalinus'', ''Pseudocohnilembus hargisi'' and ''Uronema marinum'' (Ciliophora, Scuticociliatida).]" Diseases of Aquatic Organisms 12: 133-143, {{doi|10.3354/dao02017 }}.</ref>ことから、水産養殖界で広く問題視されている<ref>Lom, J., and I. Dykova, 1985. Protozoan parasites of fishes. 315 pp. Elsevier Science Publishers B. V., Amsterdam.</ref><ref>乙竹充, 松里寿彦,1986.ヒラメ''Paralichthys olivaceus'' 稚魚のスクーチカ繊毛虫(膜口類)症.養殖研究所研究報告 9: 65-68.</ref>。
373

回編集