「ヴィヴィアン・リー」の版間の差分

m
誤字訂正
m (誤字訂正)
| 備考 =
}}
'''ヴィヴィアン・リー'''({{lang|en|Vivien Leigh, Lady Olivier}}、[[1913年]][[11月5日]] - [[1967年]][[7月8日]])は、[[イギリス]]の[[俳優|女優]]。1939年の映画『[[風と共に去りぬ (映画)|風と共に去りぬ]]』の[[スカーレット・オハラ]]役と1951年の映画『[[欲望という名の電車 (映画)|欲望という名の電車]]』のブランチ・デュボワ役で[[アカデミー主演女優賞]]を受賞した。『欲望という名の電車』は、1949年に[[ロンドン]]の[[ウェスト・エンド]]で上演された舞台版に引き続いてリーがブランチ・デュボワを演じた作品でもある。また、1963年の[[ブロードウェイ・シアター]]で上演されたミュージカル『トヴァリッチ ([[:en:Tovarich (musical)]])』で、[[トニー賞]]の[[トニー賞 ミュージカル主演女優賞|ミュージカル主演女優賞]]を受賞している。二度の結婚と離婚がある。元夫の一人に[[ローレンス・オリヴィエ]]がいる<ref>{{Cite news|url=https://www.jiji.com/jc/d4?p=oms012-000_SAPA990705713060&d=d4_ent|title=往年の海外ムービースター 写真特集|newspaper=時事ドットコム|accessdate=2020-07-10}}</ref>。
 
<!-- 全体のリード文ですので、「概要」などの節で単純に区切らないでください -->
67

回編集