「全地形対応車」の版間の差分

m
全地形対応車の記事なので前置きとして必要ないところを削除
(→‎主なメーカー: 会社名およびブランド名の誤りを訂正。)
m (全地形対応車の記事なので前置きとして必要ないところを削除)
== 概要 ==
[[File:Багги в казахстанской армии.jpg|thumb|right|[[カザフスタン共和国軍]]の武装ATV([[カンナム (オートバイ)|カンナム]]製)]]
全地形対応車は、三輪または四輪の[[タイヤ]]で走行し、乗車定員が1名ないし2名の乗り物である。[[オートバイ]]の技術を流用した車体構成となっていて、[[ハンドル]]やシートをはじめとする乗車装置がオートバイと同様の構造であることから、乗車姿勢もオートバイに類似している。かつては三輪の車種<ref>[[本田技研工業|ホンダ]]はATC(All Terrain Cycles)と通称</ref>が主流だったが、転倒事故が続出して[[アメリカ合衆国|アメリカ]]で訴訟問題に発展したことから、しだいに四輪ATVのみの生産となった。二輪のオートバイとは異なり、アクセルは親指で押すレバー式が多い。変速操作にはペダル式やハンドレバー式のほか、[[無段変速機]]を搭載したものがある。
 
全地形対応車には、大きく分けてスポーツ型とユーティリティ型に分けられる。スポーツ型は、主に[[モトクロス]]や[[ラリーレイド]]などの競技に用いられる車種として発展したもので、[[ダカール・ラリー]]などの国際競技への登録および出場が可能な車種もある。ほとんどが後二輪を駆動し、[[差動装置|ディファレンシャル]]を持たない。レジャー用に排気量50ccの[[エンジン]]を搭載した車種も増えており、[[中華民国|台湾]]や[[中華人民共和国|中国]]でも生産されている。ユーティリティ型は農林業で荷役や巡視用途として広く利用されており、[[牧場]]で[[家畜]]を追う際に用いられたり、レジャーに用いられたりすることもある。[[四輪駆動]]の車種もあるほか、より積載能力の高い六輪の物<ref>{{Cite web|url=http://www.polarisindustries.com/en-us/ATV-RANGER/2011/Full-Size-ATV/Sportsman-Big-Boss-6x6-800/Pages/overview.aspx|title=2011 Polaris Sportsman Big Boss 6x6 800 ATV : Overview|publisher=POLARIS INDUSTRIES INC.|accessdate=2011-06-24}}</ref>や[[水陸両用車|水陸両用]]の特殊な構造のものなどがある。[[軍]]用としてオートバイの代わりに採用している国もある。
 
私有地などの限定された敷地内では運転免許や年齢制限などの運転資格は要求されず、アメリカでは一定の条件を満たせば16歳以下の子供でも公有地を運転することが許可される州もある<ref>{{cite web|url=http://www.oregon.gov/OPRD/ATV/Permits.shtml#ATV_Permit_Information_|title=Oregon Parks and Recreation Department: ATVs ATV Permits|publisher=Oregon Parks and Recreation Department|accessdate=2011-07-25|quote=Operator requirements (applies only to public OHV riding areas)|language=英語}}</ref>。一方、[[日本]]では全地形対応車を体験操縦できる施設<ref>[http://www.nasu-buggy.com/cirquit.htm 那須バギーパーク] - 施設によって異なる(おおよそ6歳以上)</ref>や競技組織<ref>[http://www.atvjp.com/touroku/index.html] - [[日本ATV協会]]では「8歳以上」と年齢制限をかけている</ref>においては年齢制限を設けている。また、メーカーによっては車種ごとに対象年齢を指定している場合もある<ref>[http://www.yamaha-motor.jp/atv/qa/ ヤマハ発動機・ATV(四輪バギー)Q&A]・[http://www.yamaha-motor.co.jp/news/2006/06/26/atv.html YFM50R(2007年モデル・国内販売終了)]</ref>。
 
== 日本の法規における扱い ==
 
=== 50cc超 ===
[[排気量]]が50ccを超える全地形対応車もののうち、三輪のものは自動二輪車の保安基準を満たすことで側車付自動二輪の一種である[[トライク]]として登録できる場合がある。四輪のものは[[自動車]]として扱われ、保安基準も同等のものが適用される。このうち衝突安全性の基準や排出ガスの基準については、これらを満たした製品は[[日本]]では販売されていない。
 
[[2006年]]に[[GG (オートバイ)|GG]]が製造し、GARAGE BOSSが輸入販売していたGGクアッドは小型自動車として登録できる<ref>[http://www.garage-boss.com/search/detail.php?c=38&n=72 GARAGE BOSS商品ページ]</ref>。
 
現在は[[特殊自動車]]にも全地形対応車が該当する分類がなく、「その他の車両」の分類として認める告示は[[国土交通省]]から発布されていないため、[[小型特殊自動車]]や[[大型特殊自動車]]としての登録はできない<ref>荷台や乗員を保護する枠構造を持つ[[サイド・バイ・サイド・ビークル]]は大型特殊自動車として登録が認められた例がある。</ref>。
 
=== 50cc以下 ===