「養子的キリスト論」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
{{出典の明記|date=2011年12月}}
'''養子説, 養子的キリスト論'''(ようしてきキリストろん、Adoptionism)は、[[モナルキア主義]](一位神論)の一つで、イエスが[[洗礼者ヨハネ]]による[[洗礼]]、[[復活 (キリスト教)|復活]]、もしくは[[キリストの昇天|昇天]]の際に神の力を受けて神の子になった(adopted)とする論<ref name="sonobe">『初代教会史論考』pp.172-177。</ref>。養子説・養子論ともいう。{{仮リンク|サラミスのエピファニオス|en|Epiphanius of Salamis}}によれば、キリストが養子として選ばれたのは、キリストによる神の意思への罪のない(sinless)[[ディヴォーション (キリスト教)|献身]]の為である<ref>Epiphanius of Salamis (403 CE). pp. 30:3 & 30:13.</ref>
==概要==
{{仮リンク|サラミスのエピファニオス|en|Epiphanius of Salamis}}によれば、キリストが養子として選ばれたのは、キリストによる神の意思への罪のない(sinless)[[ディヴォーション (キリスト教)|献身]]の為である<ref>Epiphanius of Salamis (403 CE). pp. 30:3 & 30:13.</ref>。
 
勢力論(デュナミス)的モナルキア主義であり、キリスト常人論([[キリスト人間説]])もこれに含まれる<ref name="sonobe" />。