「モノカルチャー」の版間の差分

あいうえお
(あいうえお)
 
'''モノカルチャー'''({{lang-en|Monoculture}})とは、直訳するとmono(単一)のculture([[栽培]]/[[文化]])であり、多くの場合、単一の[[農作物]]を生産する[[農業]]の形態を指す。そのような農業形態は'''単作'''(たんさく)とも呼ばれる。また、単一の産品や産業に依存した経済を'''モノカルチャー経済'''と言うことがある。
 
主に中学1年社会の授業に出てくる。
 
== 概要 ==
[[File:Sugar cane 2.JPG|thumb|広大な[[サトウキビ]]の[[プランテーション]]([[インド]])]] 主に中学1年社会の授業で出題される。
 
 
モノカルチャーの農業形態は、[[植民地]]化された土地で、支配国で需要の高い農作物を集中的に生産させた事が始まりである。例えば、[[オランダ領東インド]](現在の[[インドネシア]])における商品作物の強制栽培制度が挙げられる。これにより、支配国は効率良く、支配国が欲する農作物を得ることができた。代表的な作物に[[サトウキビ]]、[[パラゴムノキ|天然ゴム]]、[[チャノキ|紅茶の茶葉]]、[[カカオ]]、[[コーヒー豆]]などがある。多くは主食たりえないものであり、農地は商品作物の栽培工場と化し、現地住民は商品生産の労働力として経済の中に組み込まれて食糧の自給能力を失った。これが[[飢餓]]の発生原因の1つともなった<ref>[[人口爆発]]、過放牧や気候変動による[[沙漠化]]、不適切な灌漑に伴う土壌への[[塩類集積]]など、他にも飢餓の発生原因は存在する。ただし、例えばアフリカで古くは行われていた、旱魃に備えるために、通常食にしていた食物以外に、同じ畑で乾燥に強い作物も栽培していたといった農法が、植民地化によるプランテーションによって破壊されたといった側面もある。</ref>。
匿名利用者