「弾正尹」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: 巻き戻し
編集の要約なし
'''弾正尹'''('''だんじょうのかみ'''あるいは'''だんじょういん''')は、[[律令制度]]における[[弾正台#弾正台(律令制)|弾正台]]の[[長官]](かみ)である。[[従三位]]相当。職務として、非違の糾弾、弾劾を司る。二官八省から独立して[[監察]]を行う。[[太政大臣]]を除くすべての役人の不正を摘発するのが主な任務である。唐名は[[御史大夫]]
 
[[平安時代]]の[[9世紀]]初頭に[[令外官]]の[[検非違使]]が設置された後は、[[皇族]]に与えられる[[名誉職]]のようになり実権は余りなかった。しかし[[1879年]]([[明治]]12年)、[[太政官|太政官制]]のなかで官庁としての[[弾正台#弾正台(明治時代)|弾正台]]が復活すると、長官である弾正尹には[[九条道孝]]が就任した。