「エンルム岬」の版間の差分

m
半角全角
m (歴史の項目の追加。(ひとまずこれで一連の記事作成を完了とします。))
m (半角全角)
エンルム岬は[[北海道]][[様似町]]にある岬の名称。エンルムとはアイヌ語で「岬」という意味に区分され、様似川河口東岸の所から島のような岬が伸びていて、そこが「エンルム」と呼ばれている。<ref>「アイヌ語地名リスト」 平成13年3月 北海道環境生活部 増刷 財団法人アイヌ文化振興・研究機構 p.20</ref> エンルム岬は直訳すると「岬岬」ということになる。<ref>「アポイのふもとから 平成29年11月1日 大野徹人著 アポイ岳ファンクラブ発行 巻頭写真</ref> 地名の由来は、アイヌ語の「エンルム(enrum)」(岬)または「エルムン(ermun)」(ネズミ)などがある。<ref>「アイヌ語地名リスト」 平成13年3月 北海道環境生活部 増刷 財団法人アイヌ文化振興・研究機構</ref>
 
==== 歴史== ==
エンルム岬にある「会所町エンルム岬遺跡」は、擦文式土器が出土している。<ref>「改訂 様似町史」 様似町 p.14</ref>また、アイヌ伝説も複数あり、代表的なもので「エンルム岬のクジラ」<ref>「ふるさと絵本 さまに昔むかし」 平成4年1月1日 北海道様似町p.5-6</ref>や「様似エンルムの悪酋長」「エンルムの白狐」<ref>「ふるさとNo.10 シャマニ(様似)アイヌの口碑伝説 様似郷土館 p.20-21</ref>がある。
江戸時代には、会所が岬の麓に置かれ文化の中心を成した。また、岬中腹に木砲台2基が置かれ、「観音堂」「船魂社」「稲荷社」からなるエンルム三社が文化年間に建立された。<ref>「改訂 様似町史」 平成4年8月31日発行 様似町長 p.443</ref>