「雲林寺 (中津川市)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
[[慶長]]19年([[1614年]])に[[遠山友政]]が[[苗木遠山氏]]の菩提寺を建立することを発願し、帰依していた[[八百津町]]の[[正伝寺 (岐阜県八百津町)|正伝寺]]の維天和尚を開山として招請したが、維天は高齢であったため[[関市]]にある[[梅龍寺]]8世(加治田[[龍福寺 (岐阜県富加町)|龍福寺]]2世)の[[夬雲玄孚]]を推挙した。そこで、[[元和 (日本)|元和]]元年([[1615年]])に夬雲玄孚を開山として開かれている。寺号は遠山友政の法名に因んでいる。その後苗木藩から寺領を与えられるなど篤く保護され、塔頭として正岳院と寿昌院があったほかに苗木藩領内に18の末寺を持って繁栄していた。
 
[[江戸時代]]末から明治初頭にかけて苗木藩は藩士で[[復古神道]]主義者の[[青山景通]]・直通親子が主導する先鋭化した[[廃仏毀釈]]運動が起きた。藩主菩提寺の雲林寺も廃寺となることが決まり、17世の[[剛宗宗載]]に雲林寺を廃寺とし、教諭として雇用するとの方針が藩から伝えられた。剛宗宗載はこれに反対したものの[[明治]]3年([[1870年]])に廃寺となり、寺の本尊や什器などは苗木藩の廃仏毀釈が及ばなかった[[幕府領]]の[[下野村 (岐阜県)|下野村]](中津川市下野)法界寺に移された。その後雲林寺の本尊である地蔵菩薩は[[下呂市]]の金錫山[[地蔵寺 (岐阜下呂市)|地蔵寺]]に伝わり、岐阜県の文化財に指定されている。
 
雲林寺跡地には[[苗木遠山氏]]歴代の墓が残されており、『苗木遠山家廟所』として中津川市の史跡に指定されている。