「御座船」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
== 概略 ==
[[image:Seki middle class Japanese vessel.jpg|300px|thumb|徳川将軍家の御座船天地丸]]
その型は時代や用途によって異なる。
その型は時代や用途によってことなる。[[屋形]](上部構造物)だけでも数種あるが、総じて中倉を屋形とし、これを上段といって、その後を次之間、その後倉を舳屋根またその後に出屋根というものがあり、その上に[[太鼓]]楼がある。上段の前倉を[[床几]]といい、その前に表出屋根、その下に小床几、左右に旅屋根がある。
 
その型は時代や用途によってことなる。[[屋形]](上部構造物)だけでも数種あるが、総じて中倉を屋形とし、これを上段といって、その後を次之間、その後倉を舳屋根またその後に出屋根というものがあり、その上に[[太鼓]]楼がある。上段の前倉を[[床几]]といい、その前に表出屋根、その下に小床几、左右に旅屋根がある。
 
天皇の御座船は[[茅葺|茅萱葺き]]で、[[千木]]・[[鰹木]]を上せる。将軍の御座船は[[檜皮葺|檜皮葺き]]で[[鯱]]を上せる。そのほかのものは栃葺きで箱棟鬼板があり、[[唐破風]]、てり破風、むくり破風、あるいは[[入母屋造]]、横棟造で、上屋形があり、また左右の高欄胴舟梁まであるのが普通であった。
 
[[室町幕府]]の足利将軍の御座船は、「[[梅松論]]」に{{quotation|「将軍の御座船は錦の御旗に日を出して、[[天照大神]][[八幡大菩薩]]を金の文字にて打ち付られたりければ、日に輝てきらめきたりし、手をときて、浦風に飜し、御船を出さるる時は、毎度鼓を鳴されし間、同時に数千艘の舟帆を上て、淡路の瀬戸五十町をせばしときしり合て、更に海は見えず、云々」}}とあるのをもってその一端を窺うことができる。
 
[[江戸時代]]には大型軍船の保有が禁止([[大船建造の禁]])されたところ、代わりに各[[大名]]たちは、中型軍船である[[関船]]を華麗に飾り立てて海御座船として使用した。徳川将軍家も、御座船として小[[艪]]76挺立の関船「[[天地丸]]」を江戸時代を通じて運用した。