「大坂城」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[1583年]]([[天正]]11年)から羽柴(豊臣)秀吉によって築城が開始され、羽柴家(豊臣氏)の本拠地となった。
 
一般には大坂城が[[豊臣政権]]の本拠地と解されるが、実際には1585年(天正13年)には秀吉は関白に任ぜられ、翌86年(天正14年)には関白としての政庁・居館として京都に[[聚楽第]]を建設して翌年の[[九州征伐]]からの帰還後はここに移り住み、更に関白を退いた後は京都の南郊に[[伏見城]]を築城して亡くなるまで伏見において政務を執った。
 
=== 江戸時代 ===
匿名利用者