「エドゥアルド・フレイ・モンタルバ」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: 2017年版ソースエディター
アジェンデ政権に対しては、批判的な立場をとり続ける。[[1973年]]3月、チリ上院議長に選ばれる。[[1973年]][[9月11日]]の際の[[チリ・クーデター]]に際して、「支持」の立場をとっていたという情報もある<ref name="one">[http://ameblo.jp/guevaristajapones/entry-10407715012.html チリ:フレイ元大統領、ピノチェトによって毒殺される(12月8日)- WAR IS OVER]</ref>。しかし、[[アウグスト・ピノチェト]]軍事政権に対して批判の立場を強めた。元大統領の保守政治家として、独裁体制を終わらせる勢力の核として、期待されるに至る。
 
[[1982年]][[1月12日]]、入院先の病院で死去する。腹膜炎が原因とされてきたが、数年間にわたる遺族や民主勢力の調査活動の結果、毒殺された疑いが濃いことが分かり、[[2009年]][[12月7日]]、軍関係者ら6人が逮捕される<ref>[http://www.jiji.com/jc/p_archives?rel=j7&id=20091208172850-8741027 元大統領は「毒殺」、6人訴追=チリ 時事ドットコム]</ref><ref name="one">[http://ameblo.jp/guevaristajapones/entry-10407715012.html チリ:フレイ元大統領、ピノチェトによって毒殺される(12月8日)- WAR IS OVER]</ref>。2014年1月には、これら6被告のうち4人が、ピノチェト政権下において別の複数の囚人を毒殺し、また毒殺未遂を働いたとの容疑で逮捕されている<ref>[http://www.bbc.com/news/world-latin-america-25889298 The BBC, "Chile accuses four men of poisoning prisoners during Pinochet regime," 24 January 2014]</ref>。[[2019年]][[1月30日]]、裁判所は6人全員に禁錮10~3年の有罪判決を言い渡した<ref>[https://mainichi.jp/articles/20190131/k00/00m/030/018000c 元チリ大統領暗殺で有罪 担当医ら6人 毎日新聞]</ref>。
 
なお、息子の[[エドゥアルド・フレイ・ルイスタグレ]]([[:es:Eduardo Frei Ruiz-Tagle|Eduardo Frei Ruiz-Tagle]])は、[[1994年]]5月から[[2000年]]5月まで、第32代チリ大統領に就任した。