「キル・ユア・ダーリン」の版間の差分

→‎作品の評価: 批評家の一致した見解を追加。レビューの結果を更新。
(→‎作品の評価: 批評家の一致した見解を追加。レビューの結果を更新。)
 
== 作品の評価 ==
[[Rotten Tomatoes]]によれば、149批評家の一致した見解は「ダニエル・ラドクリフとデイン・デハーンの間の途方もないケミストリーに支えられた『キル・ユア・ダーリン』はビート・ジェネレーションの物語の初期の章に鮮やかなスポットライトを当てている。」であり、150件の評論のうち高評価は77%にあたる114115が高く評価しており、平均して10点満点中6.5970点を得ている<ref>{{Cite web|url=https://www.rottentomatoes.com/m/kill_your_darlings_2013|title=Kill Your Darlings (2013)|publisher=[[Rotten Tomatoes]]|language=en|accessdate=2020-0510-2601}}</ref>。
[[Metacritic]]によれば、36件の評論のうち、高評価は21件、賛否混在は13件、低評価は2件で、平均して100点満点中65点を得ている<ref>{{Cite web|url=https://www.metacritic.com/movie/kill-your-darlings|title=Kill Your Darlings Reviews|publisher=[[Metacritic]]|language=en|accessdate=2020-05-26}}</ref>。