「バソプレッシン」の版間の差分

編集の要約なし
(題名がバソプレッシンにもかかわらずバソプレシンとなっていたため)
[[Image:Arginine vasopressin3d.png|thumb|right|300px|アルギニンバソプレシンの[[空間充填モデル]]。]]
 
'''バソプレッシン'''({{Lang-en-short|Vasopressin}})とは、[[ヒト]]を含む多くの[[動物]]で見られる[[ペプチドホルモン]]である。ヒトでは[[視床下部]]で合成され、[[脳下垂体後葉]]から分泌される。片仮名表記では'''バゾプレシン'''({{Lang-de-short|Vasopressin}})などと書かれることもあり、'''抗利尿ホルモン'''({{Lang-en-short|Antidiuretic hormone:'''ADH'''}})、'''血圧上昇ホルモン'''とも呼ばれる。多くの動物では'''アルギニンバソプレッシン'''({{Lang-en-short|Arginine vasopressin:'''VP'''}})だが、[[ブタ|豚]]では'''リシンバソプレッシン'''、[[鳥類]]では'''アルギニンバゾトシン'''である。
 
== ヒトにおいて ==
匿名利用者