「庄内砂丘」の版間の差分

m
m (曖昧さ回避ページ戦国時代へのリンクを解消、リンク先を戦国時代 (日本)に変更(DisamAssist使用))
 
 
===植林事業の完了以降から現代===
かつて海岸林は燃料や木材などの生活物資を得る場として暮らしに必要不可欠な存在であったが、[[化石燃料]]が普及したことにより、松葉かきや枯れ枝の採取などの作業 を行う必要がなくなった。また植林事業が進み、さらにクロマツの成長とともに飛砂被害も減少していったことにより、人の手も心も松林から次第に離れていった。き、人の手が入らなくなった松 林は落ちた松葉が堆積し、植生の遷移が加速度的に進むと同時に、林が過密化し、草のつるが巻きつき、やぶとなり荒廃が進んでいった。そして戦後の経済発展に伴う大規模な[[港湾]]建設事業や、人口の増加に伴う[[宅地造成]]の[[盛土]]材としての丘砂の需要の拡大による砂採取を目的とした砂丘開発が進められ、大量の松林が伐採された。さらに昭和50年代中頃には、西日本・東日本で猛威を振るっていた[[松くい虫]]の被害が庄内海岸砂防林でも確認され、急速に被害が拡大まん延し、管理が行き届かなくなっていた庄内海岸砂防林の荒廃に拍車をかけることになった。今では、[[行政機関]]や森林[[ボランティア]]団体による整備活動が主催する整備活動のほか、森林環境教育の一環として学校による整備活動や地域貢献の一環として企業による整備活動も行われている。
 
===砂丘地の利用===