「徘徊型兵器」の版間の差分

編集の要約なし
{{暫定記事名|date=2016年9月}}
[[File:IAI Harop PAS 2013 01.jpg|right|300px|thumb|{{仮リンク|ハロップ (航空機)|en|IAI Harop|label=IAI ハロップ}}<br/>[[パリ航空ショー]]、2013年]]
'''徘徊型兵器''' ("(はいかいがたへいき、{{lang-en-short|'''loitering munition'''")}})は、攻撃型の[[無人航空機]] ([[UCAV]]) の一種に対する呼称で、離陸した無人航空機が数時間にわたって目標地域上空を"[[ロイター飛行|徘徊]]"(loitering)し、高価値目標を発見するかもしくは地上管制システムからの指令を受けると、[[ミサイル#対地ミサイル|対地ミサイル]]のように搭載した爆薬もろとも目標に突入し自爆して攻撃を行うというものである<ref name="defense">[http://defense-update.com/features/du-1-07/armedUAVs_8.htm defense-update.com Loitering Autonomous Weapons]</ref><ref name="wired">[http://wired.jp/2015/08/28/drone-missile/ WIRED.JP 新開発された「特攻ドローン」の強烈な威力(動画あり)]</ref>。徘徊可能な時間内に目標が発見できない場合には自爆するか、機種によっては自力で帰投し再使用可能なものもある。
 
呼称については'''徘徊型自律兵器''' ('''Loitering Autonomous Weapons'''<ref name="defense"/>) 、'''徘徊型攻撃システム''' ('''Loitering Attack Systems'''<ref name="IAI">[http://www.iai.co.il/2013/36694-en/Business_Areas_Land.aspx IAI Loitering Attack Systems]</ref>) というようにも表現される。日本語訳では'''うろつき型兵器'''<ref name="wired"/>、'''自爆型UAV'''、'''特攻型UAV'''、'''カミカゼUAV'''など様々に表現されている。
匿名利用者