「イブリツモマブ チウキセタン」の版間の差分

m
→‎top: リンク先修正
m (外部リンクの修正 http:// -> https:// (blog.goo.ne.jp) (Botによる編集))
m (→‎top: リンク先修正)
 
}}
 
'''イブリツモマブ チウキセタン'''(Ibritumomab tiuxetan、開発コードIDEC-Y2B8)は[[モノクローナル抗体]]を使った{{仮リンク|放射免疫治療薬|en|radioimmunotherapy}}で、ゼヴァリン<sup>&reg;</sup>イットリウム(<sup>90</sup>Y)静注用セット(Zevalin)の製品名で販売されている。リンパ系に作用し、再発性・抵抗性で悪性が低いかあるいは転移によって生じたB細胞非ホジキンリンパ腫(B cell non-Hodgkin's lymphoma)や骨髄増殖性疾患(myeloproliferative disorder)の治療に用いられる。この薬剤は[[ハツカネズミ]](マウス)のモノクローナル[[IgG|IgG1]][[抗体]]イブリツモマブに[[キレート剤]]のチウキセタンを組み合わせたもので、後者には放射性同位体([[イットリウムの同位体|イットリウム90]]または[[インジウムの同位体|インジウム111]])が付加されている。チウキセタンは{{仮リンク|DTPA|en|DTPA}}に修飾を加えたもので、その炭素主鎖にはイソチオシアナトベンジル基(isothiocyanatobenzyl group)とメチル基を含んでいる<ref>{{Cite journal | unused_data = DUPLICATE DATA: doi = 10.1038/nrd1413 | doi = 10.1038/nrd1413 | issn = 1474-1776 | volume = 3 | issue = 6 | pages = 488–499 | last = Milenic | first = Diane E. | coauthors = Brady, Erik D.; Brechbiel, Martin W. | title = Antibody-targeted radiation cancer therapy | journal = Nat Rev Drug Discov | accessdate = 2009-04-17 | date = 2004-06 | pmid = 15173838 }}</ref><ref>[http://whqlibdoc.who.int/druginfo/INN_2000_list43.pdf WHO Drug Information]</ref>。
 
== 効能・効果 ==
* CD20陽性の再発又は難治性の下記疾患