「イギリス領トーゴランド」の版間の差分

編集の要約なし
 
[[1955年]]12月、[[国連総会]]はイギリスに対し、トーゴランドでの[[国民投票]]を提案した。
 
[[1956年]][[5月9日]]、{{仮リンク|イギリス領トーゴランド国民投票 (1956年)|en|British Togoland status plebiscite, 1956|label=国民投票}}が行われた。国民の58%は西隣の[[英領ゴールド・コースト]](イギリスの{{仮リンク|直轄植民地|en|Crown colony}})との合併を望んだ。42%は黄金海岸ではなく、[[エウェ人]]の統一国家を建国する為に東隣のフランス領トーゴランドとの合併を望んだ<ref name=pim>McLaughlin (1994), "The Politics of the Independence Movements".</ref>。[[12月13日]]、国連総会は決議1044号「イギリス支配下のトーゴランドの将来」を採択し、国民投票結果を認めた。
国民の58%は西隣の[[英領ゴールド・コースト]](イギリスの{{仮リンク|直轄植民地|en|Crown colony}})との合併を望んだ。
42%は黄金海岸ではなく、[[エウェ人]]の統一国家を建国する為に東隣のフランス領トーゴランドとの合併を望んだ<ref name=pim>McLaughlin (1994), "The Politics of the Independence Movements".</ref>。
[[12月13日]]、国連総会は決議1044号「イギリス支配下のトーゴランドの将来」を採択し、国民投票結果を認めた。
 
[[1957年]][[3月6日]]、黄金海岸と合併し、[[ガーナ]]として独立した<ref>[http://unyearbook.un.org/1956YUN/1956_P1_SEC3_CH5.pdf UN Publication entitled "The Future of the Togolands] {{webarchive |url=https://web.archive.org/web/20131217051012/http://unyearbook.un.org/1956YUN/1956_P1_SEC3_CH5.pdf |date=December 17, 2013 }}</ref><ref>[http://www.worldlii.org/int/other/UNGARsn/1957/8.pdf General Assembly, Eleventh Session, General Assembly resolution 1044 on “The future of Togoland under British administration”]</ref>。首都の[[ホ (ガーナ)|ホ]]は[[ヴォルタ州]]の州都になった。
匿名利用者