「挽肉」の版間の差分

サイズ変更なし 、 3 か月前
m
→‎歴史: ブルグ→ブルク
m (→‎歴史: ブルグ→ブルク)
 
 
== 歴史 ==
挽肉を利用した[[料理]]の歴史としては、[[ドイツ]]・[[ハンブル]]の地名にちなむ[[ハンバーグ]]の原型は、欧州に侵攻した[[モンゴル帝国]]([[タタール]])から採り入れた[[タルタルステーキ]]であったとされている<ref name="nhha">[http://nhha.lin.gr.jp/hh/history/hamberg.html ハンバーグの歴史] - 一般社団法人 日本ハンバーグ・ハンバーガー協会</ref>。固く食べにくい[[馬肉]]を食べやすくするために工夫したもので、[[ヨーロッパ]]でも労働者などに廉価な屑肉などを口あたりのよい料理に仕立てられる手段として普及した。
 
[[日本]]では、[[東京]]の[[洋食]]店が「ミンスミート[[カツレツ]]」として売り出したと記録されている{{要出典|date=2017-09-16}}。のちにこれは「[[メンチカツ]]」と呼ばれるようになった。メンチカツやメンチコロッケは単に「メンチ」とも呼ばれる。ただし、ひき肉を使用した[[コロッケ]]であっても「メンチ」とは呼ばないこともあるが、その境界線は定かではない<ref>[http://portal.nifty.com/kiji/120320154400_1.htm コロッケとメンチの境界を探る]</ref>。
1,568

回編集