「レイン・ステイリー」の版間の差分

虚偽のインタビューと見られる記述を削除
(虚偽のインタビューと見られる記述を削除)
 
ドラッグによる影響で手の指が壊死したと一部報道がされたがレイン側からそのような事実は無いと発表された。ちなみにMad SeasonのメンバーであるBakerも、1999年にドラッグの[[オーバードース]]で亡くなっている。
 
生前最後となった2002年2月のインタビューで、「もう死にかけている」と自ら死期が近いことを語っており、「ハイになるためにドラッグをやったのではない」、「こんな形で最期を迎えるつもりなどなかった」などとドラッグの使用について後悔していた事を伝えている。この頃のレインは以前よりも更に体重が落ち、顔色は蒼白さを増して数本の歯が抜け落ちるなど外見上の変化も大きくなっていた。同じインタビューのなかで「体中が痛む、これまで味わったことのない耐え難い痛みだ」「肝臓は機能していない」「もうずっと下痢と嘔吐が続いている」と語り、既に薬物使用が精神・肉体的にコントロールできないレベルにあることを明かしていた。
 
2002年4月15日、レインの会計士から「2週間以上口座から金が引き出されていない」と連絡を受けた母親が警察を伴って訪れた自宅でのレインは遺体となって発見された。発見時の体重は39kg(身長185cm)であった。