「第七の封印 (映画)」の版間の差分

編集の要約なし
*黒いローブを身にまとった白い顔の男という本作品中の死神のイメージは、その後様々な映画やテレビドラマにおける死神像に影響を与えた。死神とのチェスのシーンも非常に有名である。
*生涯で数多くの映画を監督したベルイマンだが、本作品のことを特に気に入っていたと言われる。
*アーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画『[[ラスト・アクション・ヒーロー]]』に、本作の死神が映画の世界から現実の世界にやってくるシーンがある。演者は[[イアン・マッケラン]]
*マーク・ウェブ監督作『[[(500)日のサマー]]』の劇中でジョゼフ・ゴードン=レヴィット演じる主人公が夢の中で観る映画に本作のチェスシーンのパロディが登場する。
*[[モンテ・ヘルマン]]監督作『果てなき路』の劇中で主人公の映画監督が本作を鑑賞するシーンが登場する。