「ヘリオガバルス」の版間の差分

m
link修正, replaced: 渾名渾名 using AWB
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
m (link修正, replaced: 渾名渾名 using AWB)
{{仮リンク|ヴァレリウス・エウティキアヌス|en|Valerius Comazon Eutychianus|label=エウティキアヌス}}やマエサとともにローマへ入城したヘリオガバルス帝は、腹心たちを要職に就けて体制を固めた<ref name="herodian-history-v-7">Herodian, ''Roman History'' [http://www.livius.org/he-hg/herodian/hre507.html V.7]</ref>。たとえば、エウティキアヌスは近衛隊長に続いて3度の執政官叙任を受け、さらに属州総督として2度派遣されている<ref name="dio-history-lxxx-4" />。色情への執着が人事にも影響を与え、恋心を寄せている男性の愛人であった[[奴隷]]の[[ヒエロクレス]]を共同皇帝にしようとしたり<ref name="dio-history-lxxx-15">Cassius Dio, ''Roman History'' [http://penelope.uchicago.edu/Thayer/E/Roman/Texts/Cassius_Dio/80*.html#79-15 LXXX.15]</ref>、別のお気に入りの愛人である戦車競技の選手ゾティクスを皇帝の執事長に任命している<ref name="dio-history-lxxx-16">Cassius Dio, ''Roman History'' [http://penelope.uchicago.edu/Thayer/E/Roman/Texts/Cassius_Dio/80*.html#79-16 LXXX.16]</ref>。
 
財政面では、カラカラがそうしたように[[銀]]の含有量を減らして[[デナリウス|デナリウス銀貨]]の切り下げを行うが、一方でカラカラ帝が創始した[[アントニニアヌス|アントニニアヌス銀貨]]は廃止した<ref>Tulane University "Roman Currency of the Principate"[http://www.tulane.edu/~august/handouts/601cprin.htm Tulane University "Roman Currency of the Principate"]</ref>。
 
ヘリオガバルス帝の初期の治世で正常な統治が行われていたのは、祖母[[ユリア・マエサ]]と母{{仮リンク|ユリア・ソエミアス|en|Julia Soaemias}}の執政により、ヘリオガバルス自身は執政権を奪われていた為であると考えられている<ref name="augusta-elagabalus-i-4">''Augustan History'', Life of Elagabalus [http://penelope.uchicago.edu/Thayer/E/Roman/Texts/Historia_Augusta/Elagabalus/1*.html#4 4]</ref>。この野心に満ちた2人の女性は元老院に名誉称号すら要求し、ソエミアスは「クラリッシマ」([[wiktionary:clarissima]])、マエサは「元老院の女神」(''Mater Castrorum et Senatus'')をそれぞれ授与された<ref name="benario-soamias-mamaea" />。実権を掌握してまるで[[女帝]]のような振る舞いをみせる祖母と母に対してヘリオガバルス帝は自分の意見を表明できない、ただの[[傀儡政権|傀儡]]とされていた。少年皇帝は、祖母と母の絶対的な影響下で育ち、政治的な能力を培っていなかったのである<ref name=hidemura418/>。
=== ヘロディアヌス ===
[[ファイル:Medal of Elagabalus.jpg|thumb|「ヘリオガバルスのメダル」([[ルーヴル美術館]])]]
属州シリアの役人であった[[ヘロディアヌス]]はカッシウス・ディオと同様、皇帝と同じ時代を生き、目撃者として同時代史をつづった歴史家で、[[コモドゥス]]帝の即位から[[ゴルディアヌス3世]]の暗殺までの記録である『ローマ人の歴史』を書き残した。カッシウス・ディオの記録とは必然的に重複しているが、それぞれ別の調査によって記録を残している点で資料的な意味を有する<ref name="livius-herodian">{{cite web | last = Lendering | first = Jona | authorlink = Jona Lendering | title = Herodian | year = 2004 | url = http://www.livius.org/he-hg/herodian/herodian.html | publisher = Livius.org | accessdate = 2008-05-03}}</ref>。ヘロディアヌスは宮殿に出入りできる立場でなかったという点でカッシウスに劣るが、その分、より中立的に皇帝たちの動向を残す事に努めている。彼の関心の多くは皇帝の色愛より宗教政策について向けられており、その詳細な内容はエル・ガバル信仰を調べる上で重要な記録となっている。彼の記録は、実際に後世の[[文献学]]的研究<ref>{{cite book | last = Cohen | first = Henry | authorlink = Henry Cohen (numismatist) | title = Description Historiques des Monnaies Frappees sous l’Empire Romain (8 volumes) | year = 1880?1892 | location = Paris | page = 40 }}</ref><ref>{{cite book | last = Babelon | first = Ernest Charles Francois | title = Monnaies Consulaires II | year = 1885?1886 | location = Bologna | publisher = Forni | pages = 63?69 }}</ref> と[[考古学]]的調査で裏付けられている<ref>''[[Corpus Inscriptionum Latinarum]]'', CIL II: 1409, 1410, 1413 and CIL III: 564?589.</ref>。
 
== 創作作品 ==
{{ローマ皇帝}}
{{Normdaten}}
 
{{DEFAULTSORT:へりおかはるす}}
[[Category:ローマ皇帝]]