「小槻国宗」の版間の差分

儀礼の流儀を主張した
(新規立項(平安時代末期から鎌倉時代にかけての貴族))
 
(儀礼の流儀を主張した)
[[建久]]9年([[1198年]])10月に父の左大史・[[小槻隆職]]が危篤となると、その後任を巡って従兄弟の[[小槻広房]]と争うが、隆職が所帯の[[官職]]を国宗に譲ることを請願して許され<ref>『自暦記』建久9年10月23日条</ref>、12月になって国宗は左大史に任ぜられた。その後、約25年に亘って国宗は大夫史の地位を占める一方、[[主殿寮|主殿頭]]や[[穀倉院|穀倉院別当]]を兼ねたほか、[[伊勢国#国司|伊勢守]]の兼国にも与っている。なお、主殿頭については国宗以降、子孫に世襲されるようになったとされる<ref>『壬生家文書』3</ref>。
 
[[貞応]]2年([[1223年]])7月20日[[崩御#卒去|卒去]]するが、子息の惟任が幼少であったことから広房の孫にあたる[[小槻季継]]が大夫史を継いだ<ref>小槻惟任申状案『壬生家文書』23</ref>。国宗は[[儀礼]]を好んで様々な儀礼を主張したが、国宗によって打ち立てられた儀礼の流儀は、季継には[[故実]]として受け継がれなったという<ref>『小槻季継記』</ref>。
 
== 官歴 ==
== 参考文献 ==
*[[永井晋]]『官史補任』[[続群書類従完成会]]、1998年
*遠藤珠紀「官務家・局務家の分立と官司請負制 : 中世前期における朝廷運営の変質」『史学雑誌』111、[[史学会]]、2002
 
{{DEFAULTSORT:おつき の くにむね}}