「火箸」の版間の差分

一部の利用者が利用者全てにとって不利益不適切な編集等を行う利用者と表現しているため身辺整理
(一部の利用者が利用者全てにとって不利益不適切な編集等を行う利用者と表現しているため身辺整理)
タグ: 差し戻し済み
'''火箸'''(ひばし)は、[[炭|炭火]]などを扱うための[[金属]]製の[[箸]]<ref name="kojien">[[広辞苑]]第5版</ref>
[[File:JapaneseBrassChopsticksAndAshScoop HibashiAndHaiNarashi.jpg|thumb|日本の真鍮でできた火箸(右)と灰均し(左)]]
'''火箸'''(ひばし)は、[[炭|炭火]]などを扱うための[[金属]]製の[[箸]]<ref name="kojien">[[広辞苑]]第5版</ref>
。[[トング|火ばさみ]]を含めた総称である地域もある。
 
かつて火鉢や[[囲炉裏]]が普及していた時代には、どこの家庭にもある一般的な道具だった。2本の、先に行くにつれて細くなる金属の棒で構成され、長さは25センチから40センチ程度。炭を継ぎ足したり、熾っている火を調整したりするときに使用する。後端は丸いもの、瓦釘のようになっているもの、割ったり巻いたりして輪をつけたものなど様々である。