「頭字語」の版間の差分

m
NATO発音
編集の要約なし
m (NATO発音)
タグ: 差し戻し済み
その読み方によって次の2種類に分類されることもある(括弧内の[[カタカナ]]は日本語的な発音例)。
;イニシャリズム('''{{en|initialism}}'''):頭文字を一字ずつアルファベットの名のままで読むもの。例: [[連邦捜査局|FBI]](エフ・ビー・アイ)、[[経済協力開発機構|OECD]](オー・イー・シー・ディー)、[[世界保健機関|WHO]](ダブリュー・エイチ・オー)など。
;アクロニム('''{{en|acronym}}'''):連なったアルファベットを通常の単語と同じように[[発音]]して読むもの。例: [[後天性免疫不全症候群|AIDS]](エイズ)、[[石油輸出国機構|OPEC]](オペック)、[[北大西洋条約機構|NATO]](ネイトー)など。
 
頭字語のなかには読み方が混同している例があり、例えば[[サービス指向アーキテクチャ]]の頭字語である「SOA」は「エス・オー・エー」とも「ソーア」とも読まれており、イニシャリズムとアクロニムのどちらともいえる。また、[[シリアルATA]]を略して「SATA」と表記した場合に、日本語話者は「サタ」と読むことが多いが英語話者は主に「セイタ」と読むように、母語により読み方が変わる例もみられる。「できるだけ早く」の意味の「ASAP」{{efn|{{lang-en-short|as soon as possible}}}}の場合、「アサップ」とも「エイエスエイピー」とも読める。
=== 頭字語の例 ===
[[北大西洋条約機構]]
* '''{{lang|en|NATO}}''' - {{lang|en|North Atlantic Treaty Organization}}(英語、発音はネイトー<ref>[https://www.youtube.com/watch?v=f9WjCDddD2s How To Say NATO]</ref><ref>[https://dictionary.cambridge.org/pronunciation/english/nato English pronunciation of NATO] Cambridge Dictionary</ref>
* '''{{lang|fr|OTAN}}''' - {{lang|fr|Organisation du Traité de l'Atlantique Nord}}(フランス語)