「枯草菌」の版間の差分

m
[[分子生物学]]分野では、枯草菌は[[グラム染色|グラム陽性]]桿菌の[[モデル生物]]として扱われている。[[1997年]]には枯草菌[[ゲノム]]の解読が完了しており、遺伝子研究や遺伝子組換えによる有用微生物の開発にも用いられている。
 
枯草菌は、枯草菌が抗菌性活性リポペプチド(iturinn A、plipastain)と強力な界面活性を示す物質(surfactin)を分泌することから、消臭に利用されたり、微生物農薬としての利用が進められている<ref name="ideshokai">[http{{Cite web|url=https://www.ideshokai.com/navi/nioi03.html] |title=【バイオ消臭剤】バチルス菌を使用したトイレ・家畜の消臭実験 |accessdate=2020-10-15}}</ref>。
 
遺伝子組み換えでは主に[[大腸菌]]と[[酵母]]が利用されるが、[[大腸菌]]は生産量が多いものの、生産物を菌の中に貯め込みがちで、[[酵母]]は、生産量が低い。枯草菌はその両者の欠点を克服している<ref name="milive">{{Cite web|url=https://www.milive-plus.net/発酵学-有用微生物学/発酵学-有用微生物学3/ |title=醤油会社の庭の菌が世界の糖尿病患者を救う |accessdate=2020-10-15}}</ref>。
 
==参考文献==
15

回編集