「ニコライ・ヴァヴィロフ」の版間の差分

編集の要約なし
(加筆)
 
}}
 
'''ニコライ・イヴァノヴィッチ・ヴァヴィロフ'''('''Nikolai Ivanovich Vavilov''', '''{{lang|ru|Николай Иванович Вавилов}}'''、[[1887年]][[11月25日]] - [[1943年]][[1月26日]])は[[ロシア帝国]]・[[ソビエト連邦]]の[[植物学者]]、[[遺伝学]]者。[[農作物]]の起原の研究で有名であるが、[[ヨシフ・スターリン]]による[[大粛清]]の嵐が吹き荒れる中、[[トロフィム・ルイセンコ]]一派の陰謀で投獄され悲劇的な最期を遂げた
 
[[農作物]]の起原の研究で有名であるが、[[ヨシフ・スターリン]]による[[大粛清]]の嵐が吹き荒れる中、[[トロフィム・ルイセンコ]]一派の陰謀で投獄され悲劇的な最期を遂げた。
 
== 生涯 ==
しかし同じ1930年代に、[[メンデル遺伝]]を否定する[[トロフィム・ルイセンコ]]が政治的に勢力を拡大し、それに真っ向から反するヴァヴィロフの学説を排撃するようになる。[[1940年]]ついに「ブルジョア的エセ科学者」として解職・逮捕され、[[1943年]]にサラトフ監獄で[[栄養失調]]のため死去した。
 
==影響==
ヴァヴィロフが収集した種子コレクションのうち、[[独ソ戦]]に際して[[ドイツ国防軍|ドイツ軍]]が占領した地域(主に[[クリミア]]と[[ウクライナ]])の研究施設に保管されていた[[サンプル]]は、[[オーストリア]]の[[グラーツ]]郊外の[[親衛隊 (ナチス)|ナチス親衛隊]]の研究所に運び去られた。しかし、コレクションの中核となる[[レニングラード]]に保管されていたサンプルは、悲劇的な[[レニングラード包囲戦]]にもかかわらず影響を受けなかった。[[標本]]の種芋を守りながら自らは[[餓死]]した研究員の話も伝えられている。
 
 
==日本訪問==
ヴァヴィロフは1929年に日本を訪れている。北は[[北海道]]から、南は当時日本の[[植民地]]であった[[日本統治時代の台湾|台湾]]、[[日本統治時代の朝鮮|朝鮮]]まで行って、日本の学者との交流を行なっている <ref> [[山田実]]「ニコライ・バビロフの生と死」([[農林水産技術同友会]]『農林水産技術 同友会報』(東京、2009年9月)) </ref>
 
札幌では[[北海道帝国大学]]の[[明峯正夫]]教授に会い、寒冷地の北海道で栽培されている稲品種の種子を求めたが、明峯教授はこれを拒否している。
 
京都では[[京都帝国大学]]の同じ小麦の遺伝学者でお互いに親しかった[[木原均]]教授に会い、「栽培植物の起源」と題する講演を英語で行なっている。
 
札幌では[[北海道帝国大学]]の明峯正夫教授に会い、寒冷地の北海道で栽培されている稲品種の種子を求めたが、明峯教授はこれを拒否している。京都では[[京都帝国大学]]の同じ小麦の遺伝学者でお互いに親しかった[[木原均]]教授に会い、「栽培植物の起源」と題する講演を英語で行なっている。九州では[[九州大学|九州帝国大学]]の[[盛永俊太郎]]教授(稲の遺伝・品種学)に会い、「稲の研究はあなたに任せる。」というようなことを述べたという。
{{Botanist|Vavilov}}