「盛永俊太郎」の版間の差分

編集の要約なし
 
'''盛永 俊太郎'''(もりなが としたろう、[[1895年]][[9月13日]] - [[1980年]][[1月25日]])は、日本の[[農学者]]。[[九州大学]]名誉教授<ref>[https://kotobank.jp/word/%E7%9B%9B%E6%B0%B8%E4%BF%8A%E5%A4%AA%E9%83%8E-1115875#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E7.89.88.20.E6.97.A5.E6.9C.AC.E4.BA.BA.E5.90.8D.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E5.85.B8.2BPlus 日本人名大事典]</ref>
 
[[富山県]]出身。[[東京大学|東京帝国大学]][[東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部|農学部]]卒。1926年[[九州大学|九州帝国大学]]教授。1946年[[農林省 (日本)|農林省]][[農事試験場]]長、1950年東大[[農学博士]]。1954年[[農業技術研究所]]長。1950年から[[農業発達史調査会]]([[東畑精一]]会長)で編集長。1955年[[アブラナ属]]および[[イネ属]][[細胞遺伝学]]的研究で[[日本学士院賞]]受賞。[[九州大学]]名誉教授。<ref>[https://kotobank.jp/word/%E7%9B%9B%E6%B0%B8%E4%BF%8A%E5%A4%AA%E9%83%8E-1115875#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E7.89.88.20.E6.97.A5.E6.9C.AC.E4.BA.BA.E5.90.8D.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E5.85.B8.2BPlus 日本人名大事典]</ref>
 
==著書==
*『農学考』[[養賢堂]] 1951
*『日本の稲 改良小史』養賢堂 1957
 
===共編===
*『稲の日本史』[[安藤広太郎]]、[[柳田國男]]共編 [[筑摩叢書]] 1969
*『享保元文諸国産物帳集成』全21巻 [[安田健]]共編 [[科学書院]] 1985‐2003
*『江戸時代中期における諸藩の農作物 享保・元文諸国物産帳から』安田健共編著 [[日本農業研究所]] 1986
 
==注==
<references />