「重感染」の版間の差分

en:Coinfection 2020年10月12日 (月) 19:31‎ を翻訳。ポリオの節は今回は省略。
m (読点を含むリンクの修正)
(en:Coinfection 2020年10月12日 (月) 19:31‎ を翻訳。ポリオの節は今回は省略。)
{{Infobox medical condition (new)|name=Coinfection|diagnosis=|frequency=|prognosis=|medication=|treatment=|prevention=|differential=|risks=|image=|causes=|types=|duration=|onset=|symptoms=|pronounce={{IPAc-en|ˌ|k|oʊ|ɪ|n|ˈ|f|ɛ|k|ʃ|ən}}|caption=|deaths=}}{{出典の明記| date = 2016年9月}}
{{Expand English|date=2019年11月}}'''重感染、同時感染'''({{Lang-en-short|coinfection}})とは1つの[[細胞]]宿主に2つ以上の[[ウイルス病原体]]が同時に[[感染]]すること事を指す逐次的に感染する重複感染([[:en:superinfection|superinfection]])と対比される。
 
世界における重感染の[[有病割合|有病率]]や[[発生数|発生率]]は不明であるが、非常に一般的であり<ref>{{cite journal|last1=Cox|first1=FE|year=2001|title=Concomitant infections, parasites and immune responses|url=https://researchonline.lshtm.ac.uk/17745/1/Concom.pdf|journal=Parasitology|volume=Suppl|pages=S23–38|doi=10.1017/s003118200001698x|pmid=11442193|series=122}}</ref>、ともすると単独感染よりも頻度が高い可能性もある<ref>{{cite journal|last1=Petney|first1=TN|last2=Andrews|first2=RH|year=1998|title=Multiparasite communities in animals and humans: frequency, structure and pathogenic significance|journal=International Journal for Parasitology|volume=28|issue=3|pages=377–93|doi=10.1016/S0020-7519(97)00189-6|pmid=9559357}}</ref>。蟯虫との重感染は世界中で8億人前後に影響を及ぼしている<ref>{{cite journal|last1=Crompton|first1=DW|year=1999|title=How much human helminthiasis is there in the world?|journal=The Journal of Parasitology|volume=85|issue=3|pages=397–403|doi=10.2307/3285768|jstor=3285768|pmid=10386428}}</ref>。
同時である、[[感染]]の[[宿主|ホスト]]複数による[[病原体]] [[種 (分類学)|種]]。
 
[[ウイルス学]]では、同時感染には、2種類以上の[[ウイルス]]粒子による単一が1つの[[細胞]]の同時感染があする事を意味する。一例として、[[B型肝炎ウイルス]](HBV)と[[D型肝炎]] [[B型肝炎ウイルス|ウイルス]](HDV)による[[肝臓|肝]]細胞の同時感染が挙げられる。これは、の場合最初にHBVが感染し、の後に続いてHDVが重複感染によってする事で段階的に発生する可能性があります
 
病原体は宿主内で相互作用する可能性があり、重感染は人間の健康にとってマイナスの影響を与えると思われる<ref>{{cite journal|last1=Griffiths|first1=EC|last2=Pedersen|first2=ABP|last3=Fenton|first3=A|last4=Petchey|first4=OP|year=2011|title=The nature and consequences of coinfection in humans|journal=[[Journal of Infection]]|volume=63|issue=3|pages=200–206|doi=10.1016/j.jinf.2011.06.005|pmid=21704071|pmc=3430964}}</ref>。相互作用は他の病原体に対して{{仮リンク|生態学的促進|en|Ecological facilitation|label=プラス}}またはマイナスの影響を与える可能性を有する。病原体の正の相互作用の下で、疾病の[[感染経路|伝染]]と進行が強化される場合は、英語では Syndemic と呼ばれる。病原体の負の相互作用には、ある細菌種が他の細菌の[[病原性|毒性]]または{{仮リンク|コロニー形成|en|Colonisation (biology)|label=}}を抑制する場合の微生物干渉が含まれる。例えば、[[緑膿菌]]は病原性[[黄色ブドウ球菌]]の[[培養コロニー|コロニー]]形成を抑制する<ref>{{cite journal|last1=Hoffman|first1=L. R.|last2=Deziel|first2=E.|last3=D'argenio|first3=D. A.|last4=Lepine|first4=F.|last5=Emerson|first5=J.|last6=McNamara|first6=S.|last7=Gibson|first7=R. L.|last8=Ramsey|first8=B. W.|last9=Miller|first9=S. I.|year=2006|title=Selection for Staphylococcus aureus small-colony variants due to growth in the presence of Pseudomonas aeruginosa|journal=Proceedings of the National Academy of Sciences|volume=103|issue=52|pages=19890–5|bibcode=2006PNAS..10319890H|doi=10.1073/pnas.0606756104|pmid=17172450|pmc=1750898}}</ref>。 [[性感染症]]でしばしば見られる一般的な重感染の間でさえ、病原体種間の[[共生|生態学的相互作用]]の一般的なパターンは知られていない<ref>{{cite journal|last1=Shrestha|first1=S.|year=2011|title=Influence of host genetic and ecological factors in complex concomitant infections – relevance to sexually transmitted infections|journal=Journal of Reproductive Immunology|volume=92|issue=1–2|pages=27–32|doi=10.1016/j.jri.2011.09.001|pmid=22019002}}</ref>。しかし、人間における重感染[[食物網|相互作用網]]の[[ネットワーク理論|ネットワーク分析]]の結果は、[[免疫系]]よりも共有身体資源を介した相互作用の可能性が高いことを示唆している<ref>{{cite journal|last1=Griffiths|first1=E.|last2=Pedersen|first2=A.|last3=Fenton|first3=A.|last4=Petchey|first4=O.|year=2014|title=Analysis of a summary network of co-infection in humans reveals that parasites interact most via shared resources|journal=Proceedings of the Royal Society B|volume=281|issue=1782|pages=20132286|doi=10.1098/rspb.2013.2286|pmid=24619434|pmc=3973251}}</ref>。
== 例 ==
 
世界的に一般的な重感染には、[[結核]]と[[ヒト免疫不全ウイルス|HIV]]が含まれる。世界的に見ると、結核患者の約60%がHIV陽性である<ref>{{cite web|publisher=[[World Health Organization]]|url=https://www.who.int/hiv/topics/tb/en/index.html|title=Tuberculosis and HIV|accessdate=2020-10-16}}</ref>。これら2つの感染症のダイナミクスが関連する可能性は何十年も前から知られている<ref>{{cite journal|last1=Di Perri|first1=G|last2=Cruciani|first2=M|last3=Danzi|first3=MC|last4=Luzzati|first4=R|last5=De Checchi|first5=G|last6=Malena|first6=M|last7=Pizzighella|first7=S|last8=Mazzi|first8=R|last9=Solbiati|first9=M|year=1989|title=Nosocomial epidemic of active tuberculosis among HIV-infected patients|journal=Lancet|volume=2|issue=8678–8679|pages=1502–4|doi=10.1016/s0140-6736(89)92942-5|pmid=2574778|last10=Concia|first10=E|display-authors=8}}</ref>。他の一般的な例は、AIDSにおける日和見感染菌<ref>{{cite journal|last1=Lawn|first1=SD|year=2004|title=AIDS in Africa: the impact of coinfections on the pathogenesis of HIV-1 infection|journal=[[Journal of Infection]]|volume=48|issue=1|pages=1–12|doi=10.1016/j.jinf.2003.09.001|pmid=14667787}}</ref>による末期HIVの重感染や、[[ライム病]]等の多菌感染を伴う疾患<ref>{{cite journal|last1=Mitchell|first1=PD|last2=Reed|first2=KD|last3=Hofkes|first3=JM|year=1996|title=Immunoserologic evidence of coinfection with Borrelia burgdorferi, Babesia microti, and human granulocytic Ehrlichia species in residents of Wisconsin and Minnesota|journal=Journal of Clinical Microbiology|volume=34|issue=3|pages=724–7|doi=10.1128/JCM.34.3.724-727.1996|pmid=8904446|pmc=228878}}</ref>である。重感染は、ゼロサムゲームの典型である場合があります体の資源の量、および正確なウイルスの定量化は、ライノウイルスと呼吸器合胞体ウイルス、メタニューモウイルスまたはパラインフルエンザウイルスに同時感染した子供は、ライノウイルスのみの子供よりも鼻のウイルス負荷が低いことを示しています。重感染は身体資源の[[ゼロ和|ゼロサムゲーム]]の典型である場合があり、ウイルスを正確に定量した結果、[[ライノウイルス]]と共に[[RSウイルス]]や[[ヒトメタニューモウイルス|メタニューモウイルス]]、[[パラインフルエンザウイルス]]に重感染した子供は、ライノウイルス単独感染の子供よりも鼻のウイルス量が少ない事が示されている<ref>{{cite journal|last1=Waghmare|first1=A|last2=Strelitz|first2=B|last3=Lacombe|first3=K|last4=Perchetti|first4=GA|last5=Nalla|first5=A|last6=Rha|first6=B|last7=Midgley|first7=C|last8=Lively|first8=JY|last9=Klein|first9=EJ|year=2019|title=Rhinovirus in Children Presenting to the Emergency Department: Role of Viral Load in Disease Severity and Co-Infections|journal=Open Forum Infectious Diseases|volume=6|issue=10|pages=S915–S916|doi=10.1093/ofid/ofz360.2304|last10=Kuypers|first10=J|last11=Englund|first11=JA|doi-access=free}}</ref>。
* [[アナプラズマ病|アナプラズマ症]]
 
== 重感染の例 ==
 
* [[アナプラズマ病|アナプラズマ症]]
* バクテリオファージの重感染
* [[G型肝炎|GBウイルスC]]
* [[ヒト免疫不全ウイルス|HIV]]-[[C型肝炎ウイルス|HCV]]感染
* HIV-[[結核|TB]]重感染 ( TB感染と致死性を高める)
* [[D型肝炎]](B型肝炎患者に感染する)
* [[鉤虫症|鉤虫]]-[[マラリア]]感染
* {{仮リンク|常在糸状虫|en|Mansonella perstans|label=}}
* ''マンソネラ・ペルスタン''
* [[鞭虫症]]
* [[チクングニア熱|チクングニア]]と[[デング熱|デング]]の感染
* [[デング熱]]とHIVの同時感染(HIVを抑制する)
* [[シャーガス病|シャーガス]]とHIVの感染
* ほとんどの[[性感染症]]とHIV(HIV感染を促進する)
* COVID-19患者や他の[[オルトコロナウイルス亜科|コロナウイルス]]感染症患者の、インフルエンザウイルスや風邪ウイルス等への重感染
 
== 関連項目 ==
 
* [[感染症]]
* {{仮リンク|感染症の一覧|en|List of infectious diseases|label=}}
* {{仮リンク|重複感染|en|Superinfection|label=}}
* {{仮リンク|同時流行|en|Syndemic|label=同時流行(Syndemic)}}
* [[日和見感染]]
 
== 参考文献 ==