「チャレンジャー号爆発事故」の版間の差分

m
この惨事を調査するべく「'''スペースシャトルチャレンジャー号事故調査大統領委員会'''」、通称[[ロジャース委員会報告|ロジャース委員会]]([[:en:Rogers Commission Report|en]])(名称は委員長の名に因む)が組織された。メンバーは委員長ウィリアム・P・ロジャース([[:en:William P. Rogers|en]])、副委員長[[ニール・アームストロング]]、他にデヴィッド・エイクソン、ユージン・コヴァート、[[リチャード・P・ファインマン|リチャード・ファインマン]]、ロバート・ホッツ、ドナルド・クティナ([[:en:Donald Kutyna|en]])、サリー・ライド([[:en:Sally Ride|en]])、ロバート・ランメル、ジョセフ・サッター、アーサー・ウォーカー、アルバート・ホウィーロン、そして[[チャック・イェーガー]]だった。委員会は数か月間に亘り活動し、所見を報告書として発表した。それによれば、チャレンジャー号の事故原因は右側固体燃料補助ロケット接合部を密閉するOリングの不具合であり、同所から漏出した高温ガスと最終的には炎がOリングおよび隣接する外部燃料タンクに対して「ブロー・バイ(blow-by)」を起こし、構造的な破壊を生じたと結論づけた。Oリングの不具合は設計不良によるもので、事故当日の朝のような低温などによって容易に機能不全に陥り得た<ref>{{cite web| author=Rogers Commission report| title=Report of the Presidential Commission on the Space Shuttle ''Challenger'' Accident, Volume 1, chapter 4, page 72| year=1986| url=http://history.nasa.gov/rogersrep/v1ch4.htm|accessdate=2010-04-09}}</ref>。
 
さらに広範に、報告書は事故に繋がった根本原因についても検討した。最も突出した要因は、NASAとサイオコール社が共に、接合部の設計不良が及ぼす危険に対して適切に対処しなかったことだった。彼らは接続部の設計を見直すどころか、その程度の危険は許容範囲内であると規定したのである。報告書によれば、[[マーシャル宇宙飛行センター]]の幹部たちはすでに1977年の段階で欠陥について知っていたが、問題をサイオコール社との間だけに留めて決して外には出さなかった。これはNASAの規定に対する明白な違反だったのみならず、この欠陥が如何に深刻なものかが明らかになった後でさえ、欠陥を修正するまでシャトルの飛行を差し止めようと考える者はマーシャルには誰一人として存在しなかった。それどころか、マーシャルの幹部は過去6度にもわたってOリングに関連する打ち上げトラブルを起こし、その都度問題を握り潰していた<ref>{{cite web| author=Rogers Commission report| title=Report of the Presidential Commission on the Space Shuttle ''Challenger'' Accident, Volume 1, chapter 6, page 148| year=1986| url=http://history.nasa.gov/rogersrep/v1ch6.htm|accessdate=2010-04-09}}</ref>。また報告書は、チャレンジャー号の打ち上げを決行するに至った意志決定過程にも深刻な瑕疵(かし)があったとして強く批判した<ref>{{cite web| author=Rogers Commission report| title=Report of the Presidential Commission on the Space Shuttle ''Challenger'' Accident, Volume 1, chapter 5, page 104| year=1986| url=http://history.nasa.gov/rogersrep/v1ch5.htm|accessdate=2010-04-09}}</ref>。
 
{{Cquote|…意思疎通の失敗…が 51-L の打ち上げを決行するという判断に繋がったが、それは以下の要素から生じた。不完全かつ時に誤解を招く情報、技術的データと運用判断の間の衝突、そして飛行の安全性に関わる内部的な問題がシャトル運用の責任者たちを素通りしてしまうことを許すNASAの管理構造<ref>{{cite web| author=Rogers Commission report| title=Report of the Presidential Commission on the Space Shuttle ''Challenger'' Accident, Volume 1, chapter 5, page 82| year=1986| url=http://history.nasa.gov/rogersrep/v1ch5.htm|accessdate=2010-04-09}}</ref>。}}
88

回編集